コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アムンゼンスコット基地 アムンゼンスコットきちAmundsen-Scott Station

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アムンゼンスコット基地
アムンゼンスコットきち
Amundsen-Scott Station

1957年,南極点に設置されたアメリカ南極探検隊の観測基地。標高 2800mであるがの厚さは 2810mとされ,基盤の高さはほぼ 0m。年平均気温-49.3℃ (12月-28.1℃,7月-59.2℃) 。極点付近の氷の表層は,西経 43°の方向に,1年間 10mほどの速さで動いている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アムンゼンスコット‐きち【アムンゼンスコット基地】

南極大陸にある米国の観測基地。1957年に南極点付近の建設。標高2835メートル、厚さ約2800メートルの氷の上に位置する。現在の基地は2007年に新設され、建物全体をジャッキで持ち上げる高床式構造をとり、雪に埋まらないよう工夫されている。名称は南極点初到達を目指した二人の探検家、ノルウェーアムンゼンと英国のスコットに由来する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

アムンゼンスコット基地の関連キーワードアイスキューブマクマード基地南極高原