コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アメリカクロクマ あめりかくろくま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメリカクロクマ
あめりかくろくま
American black bearblack bear
[学]Euarctos americanus

哺乳(ほにゅう)綱食肉目クマ科の動物。アメリカグマともよばれる。東アジアのツキノワグマ(アジアクロクマ)に対してアメリカクロクマというが、別属別種である。北アメリカのアラスカからロッキー山脈沿いにメキシコまで、またメキシコ湾沿いにも分布する。頭胴長1.8メートル、体重200キログラムに達する。毛は普通黒、前胸に白斑(はくはん)の出るものもある。雑食性で、樹木の果実、草本など植物質のものがおもであるが、サケなど魚類も食べる。また、トウモロコシなどの作物を荒らすことがある。木登りが巧みなほか、ニホンツキノワグマと同様、ダグラスモミ(トガサワラ)などの植栽木の樹皮をはぐ習性がある。イエローストーンなどアメリカの国立公園で、訪問者の前に現れるのはこのクマである。怒らせたりしなければ人間に害を加えることはないが力が強いので注意が必要である。[渡辺弘之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアメリカクロクマの言及

【アメリカグマ】より

…体長1.5~1.8m,肩高約1m,体重120~150kg。アメリカクロクマとも呼ばれるが,体色は黒色,褐色,白色などさまざまである。 森林地帯に単独で生活し,直径48kmに達する広大な行動圏をもつ。…

【クマ(熊)】より

…体長1.4~1.8m,体重55~135kg。アメリカグマ(イラスト)(アメリカクロクマ)は北アメリカに分布。体長1.5~1.8m,体重120~150kg。…

※「アメリカクロクマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アメリカクロクマの関連キーワードグァダループ山地国立公園ウォータートン湖国立公園ファンディ国立公園アメリカグマクマ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android