コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アメリカフヨウ アメリカフヨウHibiscus moscheutos; common rose mallow

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アメリカフヨウ
Hibiscus moscheutos; common rose mallow

別名クサフヨウアオイ科の大型多年草で,北アメリカ原産。高さ 1.5m前後になる。長さ約 20cmになる大きな葉は,広披針形で鋸歯があり,互生する。花は5弁で,花径は 10cmから最大 30cmほどにもなる。おしべは多数で筒状に合着し,その中心から花柱が突出する。花は白色や桃色,濃桃色,紫紅色などの鮮明な色彩で,一日花であるが,7~9月にかけて次々と切れ目なく開花する。鉢植え用の矮性品種や,一年草として栽培される品種もある。強健で,日常的な手入れはほとんど必要ないが,植えたままにしておくと徐々に株が衰えるため,3年に一度くらい植替えを行う。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメリカフヨウ
あめりかふよう
[学]Hibiscus moscheutos L.

アオイ科ヒビスカス属の多年草。アメリカアラバマ地方原産。多年草であるが、春播(ま)きで夏開花する品種もある。耐寒性が強く、露地では冬期に地上部は枯れるが、春には芽吹き、夏には大輪の一重(ひとえ)花を開く。花は一日花で、朝に開き夕方に閉じるが、毎日新しい花を開く。花径25~28センチメートルの大輪花をつけるサーザンベルは春播きで8~9月開花する。花色は赤、白、桃、濃桃色などがある。
 繁殖は実生(みしょう)、株分けによる。実生は、2月ごろ播種(はしゅ)床を20~30℃に加温して播種する。株分けは、春、芽吹く前に行う。日当り、風通しともによい所でよく育ち、矮化(わいか)剤を施せば鉢栽培もできる。根にネマトーダ、葉にハマキムシがよくつくので病害虫には注意を要する。[金子勝巳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアメリカフヨウの言及

【モミジアオイ】より

…通常2年目から開花する。 本種に近縁のものにソコベニアオイH.militaris Cav.(英名Helberd‐leaved rose mallow),アメリカフヨウH.hybridus Hort.(英名(common) rose mallow,marsh mallow)がある。ソコベニアオイは白花で中心部に暗紅色の花をもち,葉は3裂する点が異なる。…

※「アメリカフヨウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone