コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラビー アラビー `Alavī, Bozorg

2件 の用語解説(アラビーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラビー
アラビー
`Alavī, Bozorg

[生]1904.2.2. テヘラン
[没]1997.2.18. ベルリン
イランの作家。ドイツに留学し,帰国後,左翼政治活動に従事したため 1937年から 1941年まで投獄された。 1953年以降東ドイツに亡命,フンボルト大学で教える。短編集『旅行カバン』 Chamadān (1934) を発表して文壇に現れ,1941年釈放後創作活動を盛んに行ない,獄中記『53人』 Panjāh o seh nafar (1942) などを発表した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アラビー
あらびー
Buzurg ‘Alav
(1907―1997)

イランの小説家。商人の家に生まれ、1922年ドイツに留学。帰国後、左翼運動を行ったため、1937年に同志52人とともに逮捕、投獄され1941年まで獄中にいた。第二次世界大戦後旧東ドイツに移り、フンボルト大学の教授を務めた。1934年に短編集『トランク』を発表して文壇に現れ、短編集『牢獄(ろうごく)の紙きれ』(1941)、獄中記『五十三人』(1942)、長編小説『彼女の眼(め)』(1952)を発表して現代一流の作家となった。信念の作家として知られ、西欧の技法を取り入れ、社会の底辺をよく主題とし、その作品には政治的左翼思想が強く反映している。王制時代には作品はほとんど発禁であったが、イラン・イスラム革命後の1979年に解禁された。[黒柳恒男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アラビーの関連キーワードイラン立憲革命テヘランえへらえへらテヘラン会談三角数テヘラン宣言ヘラーズの冬ダムガーンテヘラン考古学博物館テヘラン協定

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アラビーの関連情報