コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリバチ Mutillidae; velvet ant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリバチ
Mutillidae; velvet ant

膜翅目アリバチ科の昆虫の総称。一般に小型のハチで,日本産種は体長 10mm以下のものが多い。和名は雌が無翅で一見アリに似ることによるが,英名は体に密生する短い剛毛の特徴による。雄は通常有翅。体は黒色で胸部が赤褐色を帯びる種が多く,普通腹部には毛による斑紋がある。第2腹節背板両側にフェルト線と呼ばれる微毛帯があり,本科の顕著な特徴となっている。雌の胸部は背面で完全に融合し環節が認められないが,雄では普通の環節がある。産卵管は非常に長く,刺されると非常に痛い。砂地に多くみられ,他の狩人蜂やミツバチ類の幼虫に寄生する。日本にはマルハナバチの巣に寄生するミカドアリバチ Mutilla mikadoなど約 10種を産する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アリバチ

膜翅(まくし)目アリバチ科の総称。雌は翅を欠き,一見アリに似るが,産卵管は他のハチと同様に毒針でもあるためこの名がある。雄は翅をもつ。日本にはミカドアリバチなど数種類あり,いずれもほかの昆虫の幼虫に寄生する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アリバチ
ありばち / 蟻蜂
velvet ants

昆虫綱膜翅(まくし)目アリバチ科の総称。和名は「アリに似たハチ」の意であるが、アリも実はハチの仲間である。雌は体長5~12ミリメートル、つねに無翅で、有翅の雄よりも小さく、形態も異なる。全身密に剛毛に覆われてビロード状なのが英名の由来。寄生性の昆虫で、雌は地上を徘徊(はいかい)し、地中の他のハチ(アナバチ、ベッコウバチ、コハナバチ、マルハナバチなど)の巣に侵入してその幼虫に産卵する。日本にはミカドアリバチ属Mutilla、ヒトホシアリバチ属Smicromyrme、フタホシアリバチ属Timulla、トゲムネアリバチ属Squamulotillaなどの4属を産するが種数は多くない。形態や和名が似ているアリバチモドキ属Myrmosaやツヤアリバチ属Methochaは、近縁のコツチバチ科に属する。ツヤアリバチ類は日本には2種いて、甲虫のハンミョウ類の幼虫に寄生する。[平嶋義宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アリバチの関連キーワードアリバチ(蟻蜂)ハチ(昆虫)カリバチ二星蟻蜂棘胸蟻蜂帝蟻蜂蟻蜂

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android