コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリバチ アリバチ Mutillidae; velvet ant

3件 の用語解説(アリバチの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリバチ
アリバチ
Mutillidae; velvet ant

膜翅目アリバチ科の昆虫の総称。一般に小型のハチで,日本産種は体長 10mm以下のものが多い。和名は雌が無翅で一見アリに似ることによるが,英名は体に密生する短い剛毛の特徴による。雄は通常有翅。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アリバチ

膜翅(まくし)目アリバチ科の総称。雌は翅を欠き,一見アリに似るが,産卵管は他のハチと同様に毒針でもあるためこの名がある。雄は翅をもつ。日本にはミカドアリバチなど数種類あり,いずれもほかの昆虫の幼虫に寄生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アリバチ
ありばち / 蟻蜂
velvet ants

昆虫綱膜翅(まくし)目アリバチ科の総称。和名は「アリに似たハチ」の意であるが、アリも実はハチの仲間である。雌は体長5~12ミリメートル、つねに無翅で、有翅の雄よりも小さく、形態も異なる。全身密に剛毛に覆われてビロード状なのが英名の由来。寄生性の昆虫で、雌は地上を徘徊(はいかい)し、地中の他のハチ(アナバチ、ベッコウバチ、コハナバチ、マルハナバチなど)の巣に侵入してその幼虫に産卵する。日本にはミカドアリバチ属Mutilla、ヒトホシアリバチ属Smicromyrme、フタホシアリバチ属Timulla、トゲムネアリバチ属Squamulotillaなどの4属を産するが種数は多くない。形態や和名が似ているアリバチモドキ属Myrmosaやツヤアリバチ属Methochaは、近縁のコツチバチ科に属する。ツヤアリバチ類は日本には2種いて、甲虫のハンミョウ類の幼虫に寄生する。[平嶋義宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アリバチの関連キーワード樹蜂小繭蜂癭蜂土蜂葉切蜂葉蜂姫蜂鼈甲蜂飴蜂姫花蜂

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone