コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリ植物 アリしょくぶつ

2件 の用語解説(アリ植物の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アリ植物【アリしょくぶつ】

アリと共生関係にある植物。熱帯地方に多い。アリは植物体の一部を巣として利用し,植物はアリによって他の動物から保護されるといわれる。アカネ科のアリノスダマやアリノストリデ,マメ科のアリノスアカシアシダ植物のアリシダなど多様な植物群に見られる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アリ植物
ありしょくぶつ

体内に住み込んだアリと共生的生活をする植物をいい、アリの多い熱帯に分布している。アリは植物から住居やときには食物をも与えられ、植物はアリによって外敵から守られるという相利共生の場合と、アリの受ける利益のほうが目だつ場合とがある。ブラジルの森林にはクワ科の小高木アリノスノキCecropia adenopusがあり、幹の内側の空洞はある種のアリAzteca mlleriの巣になっている。この木の葉をハキリアリが切りにくると、居住するアリは立ち向かってその食害を防ぐ。葉柄基部の栄養に富む小粒体は、居住アリの食糧にもなっている。熱帯アジアには、アリ植物としてアカネ科のアリノトリデ属Myrmecodia、アリノスダマ属Hydnophytumがある。これらは木に着生しているが、茎の下部が塊状に膨れ、内部のアリによってつくられた迷路状の孔道が巣になっている。また、トウダイグサ科オオバギ属Macarangaや着生シダにもアリ植物のものがある。中央アメリカのマメ科アリノスアカシアAcasia sphaerocephalaなどの刺(とげ)の膨大、小粒体の発達も、アリとの関係での適応・分化と考えられる。[斎藤 紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アリ植物の関連キーワード蟻植物ジャスミン赤痢アメーバ相利共生亜熱帯植物寒帯植物熱帯果実熱帯病発光菌類縁

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone