コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルカンタラ アルカンタラ Alcántara

2件 の用語解説(アルカンタラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルカンタラ
アルカンタラ
Alcántara

スペイン西部,エストレマドゥラ州,カセレス県の町。タホ川南方の岩地上,ポルトガルとの国境近くに位置する。ローマ皇帝トラヤヌスをたたえて 105~106年に建造された橋があり,町名は橋を意味するアラビア語に由来する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルカンタラ
あるかんたら
Alcntara

スペイン中西部、エストレマドゥーラ地方のカセレス県の町。人口1732(2001)。タホ川左岸の標高242メートルに位置する。アーチをもつローマ橋があり、これをアラビア語でエル・カンタラEl Kantaraというのが地名の由来。橋はトラヤヌス帝時代の105年に建設され、平水位より約40メートルの高さがあり、総延長約205メートル。町は1215年にムーア人から取り戻され、防衛のために「アルカンタラの騎士団」の本部が置かれた。[田辺 裕・滝沢由美子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルカンタラの関連キーワードエストレマドゥラカセレスバダホスマドゥラ語グアダルーペエストレマドゥーラマドゥーラ島テージョ[川]マドゥラ族ドゥランゴ(スペイン)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アルカンタラの関連情報