アルケシラオス(英語表記)Arkesilaos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルケシラオス
Arkesilaos

[生]前315/前314. ピタネ
[没]前241/前240
ギリシアの哲学者。クラテスを継いでアカデメイア学頭となる。ソクラテス,ピュロン,ティモンに由来する懐疑論を導入 (→懐疑学派 ) 。エポケの説を採用し,およそ確実な知識というものの可能性を否定した。ただ実践的行動の規準として,エウロゴン (理にかなう) のみで十分であるとする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルケシラオス
あるけしらおす
Arkesilos
(前316/315―前242/241)

古代ギリシア懐疑派の哲学者。小アジア、ピタネ出身。プラトン哲学の形而上(けいじじょう)学的教説を排して古アカデメイアを離れ、新アカデメイアを設立した。懐疑論的「判断中止」epochを哲学の目標と定めたが、ピロン(ピュロン)とは異なり、これを単に倫理(心の態度)としてではなく、純粋な理論と解し、むしろこれをソクラテス、プラトンの遺風とみた。知覚の真偽に判別基準がないことから、ストア学派の把握表象を独断として退け、「把握不可能性」を原理とした。実生活では「理にかなったこと」を行動の基準とした点で、柔らかい懐疑論といえる。[山本 巍]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアルケシラオスの言及

【懐疑論】より

…初期にはピュロン(その名に由来するピュロニズムは懐疑論の別名となった)とその弟子ティモンTimōnがおり,彼らは何事についても確実な判断を下すのは不可能であるから,心の平静(アタラクシア)を得るためには判断の留保(エポケー)を実践すべきことを説いた。中期はプラトンゆかりの学園アカデメイアの学頭であったアルケシラオスArkesilaosとカルネアデスKarneadēsに代表される。彼らはストア主義を独断論として攻撃し,とくに後者は蓋然的知識で満足すべきことを説いた(アカデメイア派ないし新アカデメイア派の語も懐疑論者の代名詞として用いられることがある)。…

※「アルケシラオス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android