コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

懐疑派 カイギハ

3件 の用語解説(懐疑派の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かいぎ‐は〔クワイギ‐〕【懐疑派】

懐疑論考え方に立つ思想家たち。特に、ヘレニズムローマ時代、ストア哲学エピクロス哲学の独断論的態度に反対して現れた。ピュロン・ティモン・アルケシラオスカルネアデスアイネシデモス・セクストゥス=エンピリクスなど。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かいぎは【懐疑派】

懐疑論の立場の思想家。また、その集団。特に、古代ヘレニズム期にストア派・エピクロス派と並んで一派を画した、ピュロン・ティモンおよびそれに続くアルケシラオス・カルネアデス、アイネシデモス・セクストゥス=エンピリコスらの古代懐疑派が著名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

懐疑派
かいぎは
skeptikoi

ヘレニズム時代の哲学の一学派。懐疑の原語である「スケプシス」skepsisというギリシア語は元来探究という意味であった。しかし探究はしばしば袋小路に陥り、問題解決に絶望することも多い。真理の探究は、真理へのエネルギーの弱まるとき真理への絶望に転化する。そこに、真理は存在しない。たとえ存在しても人間のことばでは認識できないとする懐疑論が生まれる。古代ギリシア哲学ソクラテスプラトンアリストテレスで最盛期を迎えたのち、急速にエネルギーを喪失した。ポリス都市国家)からヘレニズム世界への拡大とその崩壊の時代であった。文化的・社会的混乱の時代にあって、人々は個人的平安を与える処世術を求めるに急であった。古代懐疑派はこうした背景から生まれた。その開祖ピュロンはものの本性の認識は不可能であり、そこで判断中止エポケー)を勧め、そこから思い煩(わずら)いのない平常心が得られるとした。それは実践的・倫理的性格が強かったが、懐疑派の基本型である。アルケシラオスとカルネアデスの新アカデメイアによって理論化が進行して、ストア派の真理基準たる把握表象が独断論と批判されたが、「理にかなったこと」「もっともだと信じられること」を行動基準とした意味で柔らかい懐疑論である。アンティオコスの折衷主義によって、新アカデメイアは懐疑主義を捨てた。その後アイネシデモスとアグリッパによって、ピュロニズムがより厳格な懐疑主義として再興され、懐疑派のモデルになった判断中止の論拠の定型が考案された。そしてセクストス・エンペイリコスでは経験主義的色彩をいっそう濃くすることとなった。
 古代哲学は、こうして人間のことばの弱さゆえに真理への絶望である懐疑論の闇(やみ)に陥り、また一転して真理自体である神に絶望的に脱我超越するプロティノスをもって自己解体し終えた。しかしことばへの不信は人間不信に直結する。真理のことばが自ら人間となって人間の地平に現れ来り、哲学がその目標とエネルギーを新たにして甦(よみがえ)る姿がキリストの問題と古代以後の歩みであった。[山本 巍]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

懐疑派の関連キーワードケインジアン思想家自由思想家スケプティック庭に立つ目に立つ用に立つ立ち立つ世に立つ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

懐疑派の関連情報