アルタンブラク(英語表記)Altanbulag

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルタンブラク
Altanbulag

モンゴル北部,セレンゲ州北部,ロシアキャフタと接する国境の町。ロシアと清の交易市場として発展した。 1921年3月臨時革命政府が組織された地であることから,モンゴル革命の発祥地として有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アルタンブラク(Altanbulag/Алтанбулаг)

《黄金の泉の意》モンゴル北部、セレンゲ県の商業都市。国境をはさんでロシア連邦ブリヤート共和国の都市キャフタと相対する。1727年にロシアと清国との間で締結されたキャフタ条約後、両国間の貿易地となる。旧称マイマイチェン(買売城)。アルタンボラク

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

アルタンブラク【Altan Bulag】

〔黄金の泉の意〕 モンゴル国北部の都市。ロシア連邦のキャフタと相対する。1727年のキャフタ条約以降、露・清間の貿易場となる。旧中国名マイマイチェン(買売城)。1921年の革命発端の地で、それを記念して改称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android