コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルタンブラク Altanbulag

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルタンブラク
Altanbulag

モンゴル北部,セレンゲ州北部,ロシアキャフタと接する国境の町。ロシアと清の交易市場として発展した。 1921年3月臨時革命政府が組織された地であることから,モンゴル革命の発祥地として有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

アルタンブラク【Altan Bulag】

〔黄金の泉の意〕 モンゴル国北部の都市。ロシア連邦のキャフタと相対する。1727年のキャフタ条約以降、露・清間の貿易場となる。旧中国名マイマイチェン(買売城)。1921年の革命発端の地で、それを記念して改称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

アルタンブラクの関連キーワードアルタンブラク買売城

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android