アルデンヌ(英語表記)Ardennes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルデンヌ
Ardennes

ベルギーのリュクサンブール州の大半とナミュール州およびリエージュ州の一部,ルクセンブルクの一部,フランスのアルデンヌ県の一部にわたる約 1万km2の高原。大半は標高 500mをこす。ムーズ川,モーゼル川に流入する諸河川の分水界をなす。ヘルシニアン造山運動期に形成された山地で,おもにデボン系砂岩や石英岩からなり,一部先カンブリア系片岩が見られる。気候は冷涼,湿潤で,降雪,霜,霧も多く風も強い。カエサルの『ガリア戦記』では,ガリアで最も広大な森が広がっていた地帯。中世初期に各地に大修道院が置かれ,森林の開墾が始まった。今日でも人口密度が低く,ブナ,カシワ,ハリモミ,オウシュウアカマツなどの森林の間に林間集落があり,肉牛の飼育,穀類栽培などが行なわれ,バストーニュ,リブラモンなどの小さな市場町がある。山麓から石炭,鉄鉱を産出し,石英採掘,木材伐採,皮なめし業などが行なわれる。近年休暇用の山荘やキャンプ場が多くの村に建設され,保養地化している。第1次世界大戦,第2次世界大戦でドイツ軍と連合軍の激戦地となり,壊滅状態になった村もある(→アルデンヌの戦い)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android