コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルビレックス新潟 アルビレックスニイガタ

4件 の用語解説(アルビレックス新潟の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アルビレックス‐にいがた〔‐にひがた〕【アルビレックス新潟】

日本プロサッカーリーグクラブチームの一。ホームタウン新潟市、聖籠(せいろう)町。地元のクラブチームなどを母体に平成8年(1996)に活動を開始。平成11年(1999Jリーグに参加。
[補説]「アルビレックス」は白鳥座の恒星の名とラテン語の王をあわせた造語。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳の解説

アルビレックス新潟

白鳥座の二重星アルビレオ(Albireo)+ラテン語の「王(rex)」(王者へ向けてはばたく、の意味)

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

アルビレックス新潟

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。1999年に加盟。新潟県を活動区域とする。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルビレックス新潟
あるびれっくすにいがた

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)所属クラブ。欧文表記はALBIREX NIIGATA。法人名は「株式会社アルビレックス新潟」。新潟市および新潟県聖籠(せいろう)町をホームタウンとし、新潟県を活動区域としている。ホームスタジアムは東北電力ビッグスワンスタジアム(収容人員4万2300)、新潟市陸上競技場 (収容人員1万8671)。チーム名(ALBIREX)は白鳥座の中の二重星を表す「アルビレ(オ)」と「レックス(ラテン語で王の意)」をあわせた造語。サッカー界の王者に向かって羽ばたくという意味を表している。マスコットは白鳥をモチーフにした「アルビくん」と「スワンちゃん」。クラブカラーはオレンジ、ブルー。
 1955年(昭和30年)、新潟イレブンサッカークラブとして創部。1986年に北信越サッカーリーグに昇格した。1994年(平成6)にチーム名を「アルビレオ新潟FC」と改称。1996年には株式会社アルビレオ新潟を設立し、プロサッカーチーム「アルビレオ新潟FC」として活動を開始した。1997年、県民による投票によりチーム名をアルビレックス新潟に改称した。1998年にJFL(日本フットボールリーグ)に昇格し、1999年からJリーグディビジョン2(J2)に参加。2004年にディビジョン1(J1)昇格を果たした。
 総合型地域スポーツクラブを志向するクラブは、プロバスケットボールチーム、チアリーディングチーム、スキー・スノボチーム、陸上ランニングチームなどとチーム名を共有している。2004年には下部組織にアルビレックス新潟レディースも設立した。
 過去在籍した選手には山口素弘(もとひろ)(1969― )、黒崎久志(1968― )、安英学(アンヨンハ)(1978― 、北朝鮮)らがいる。[中倉一志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルビレックス新潟の関連キーワードザスパクサツ群馬愛媛FCFC東京大宮アルディージャ柏レイソルカターレ富山ジュビロ磐田セレッソ大阪栃木サッカークラブロアッソ熊本

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アルビレックス新潟の関連情報