コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルヘシラス会議 アルヘシラスかいぎAlgeciras Conference

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルヘシラス会議
アルヘシラスかいぎ
Algeciras Conference

1906年1月 16日~4月7日,スペインアルヘシラスイギリスアメリカフランスドイツなど欧米の 13ヵ国が参加して開かれた国際会議モロッコをめぐる主としてフランスとドイツの対立の調整を目的とするもので,その結果モロッコは国際管理のもとにおかれることになったが,モロッコに対するフランスの優越的地位が認められ,ドイツのモロッコ奪取は失敗した。 (→タンジール事件 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アルヘシラス会議【アルヘシラスかいぎ】

1906年モロッコ事件(第1次)の収拾のためにドイツが主唱してアルヘシラスAlgeciras(南スペイン,ジブラルタルに近い町)で開かれた列国会議。形式上モロッコの主権尊重と各国の通商上の機会均等を宣言したが,治安および財政に関しては仏,スペイン両国の監督権を承認した。
→関連項目モロッコ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルヘシラス会議
あるへしらすかいぎ

第一次モロッコ事件タンジール事件)を収拾するため、ドイツの提唱で、1906年1~4月に南スペインのアルヘシラスAlgecirasで開かれた国際会議。モロッコでのフランスの優越権に反対するドイツは、この会議で、フランスの政策を阻止しようとした。しかし参加13か国中、ドイツを支持したのはオーストリア1国で、他のイギリス、アメリカ、ロシアイタリア、スペインがフランスを支持。この結果、モロッコは事実上フランスの保護領となり、またドイツの国際的孤立が明らかとなった。[木谷 勤]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアルヘシラス会議の言及

【モロッコ】より

…それに対してムハンマド4世以下3代のスルタンのもとで行政・軍制の改革,産業開発などの近代化政策が実施されたが,それが財政危機と内乱を誘発し,かえって国力を弱めた。フランスほかの列強は互いに牽制しあったが,マドリード条約(1883)による上記3国の妥協,タンジール事件(1905)によるドイツの介入(モロッコ事件),アルヘシラス会議(1906)を経て,モロッコは,経済的には列強への門戸開放,政治的にはフランスとスペインへの従属を余儀なくされた。1912年のフェス条約によってモロッコはフランスの保護領になった。…

【モロッコ事件】より

…04年英仏協商の成立でフランスがイギリスから優先権を得てモロッコ進出を強化したのに対し,遅れて植民地獲得へ乗り出したドイツは日露戦争後の露仏同盟の弱体化を契機にモロッコの領土保全,門戸開放を主張し,列強会議の開催を求めて皇帝ウィルヘルム2世みずからタンジール港を訪問したためフランス,ドイツの関係が緊張した(1905年タンジール事件,第1次モロッコ事件)。その収拾のため06年1~4月スペインのアルヘシラスで国際会議(アルヘシラス会議)が開催された。モロッコの独立と領土保全,門戸開放,経済的機会均等などが決議されたが,同時にフランスとスペインはイギリスなど列強の支持を得てドイツの野望を阻止し,両国はモロッコの治安と財政掌握(フランス資本による国立銀行設立など)を認められて従来の優位が確認された。…

※「アルヘシラス会議」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アルヘシラス会議の関連キーワード児童雑誌生田長江小松耕輔島村抱月ドールンブルックベアトヘボンメッケルセリエイト組織