コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルペンホルン アルペンホルン 〈ドイツ〉Alpenhorn

5件 の用語解説(アルペンホルンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アルペンホルン(〈ドイツ〉Alpenhorn)

アルプス地方に伝わる原始的なホルン。羊の群れを呼び集めたり、遠くから呼び交わしたりするのに用いた。木製または皮製で、管の長さは1メートル内外から4、5メートルのものまである。アルプホルン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アルペンホルン

アルプスの牧畜地帯で用いられる木製のトランペット管楽器。アルプホルンalphornとも。全長1.5〜4m。先端のベルは上向きに曲がっており,地面や木の台に置いて吹く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アルペンホルン【Alpenhorn[ドイツ]】

アルプス山中の牧童間に生まれた合図用のらっぱの一種。リトアニアピレネースカンジナビアなどでも同種の楽器が見られる。管形は円錐形で直線のものが多く,一部にS字形のものもあり,先端は朝顔形に開いている。管長は1~4mくらい。本体は木製で表は桜の皮で巻いてある。音は太く柔らかで,通常は1本でさまざまな合図に用いるが,19世紀ころよりスイスでは高低3本の楽器で,旋律や和音を奏するようになった。【中山 冨士雄

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

アルペンホルン【alpenhorn】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルペンホルン
あるぺんほるん
AlpenhornAlphornドイツ語

アルプス山地の羊飼いが用いるリップリード式の気鳴楽器。モミ、シナ、ポプラなどの長材を縦に半分に割り、中をくりぬいたのち、ふたたびあわせ、その上を樹皮やガットなどで巻いてつくる。管長は120センチメートルぐらいのものが多いが、4~5メートルに及ぶものもある。マウスピース(歌口)は近年別作りのものが多い。第2から第8ないしそれ以上の倍音を組み合わせて音型をつくり吹き鳴らす。ベートーベン作曲『田園交響曲』第5楽章の冒頭に、アルペンホルンを模した音型が使われている。その歴史は古く、14世紀にはすでに羊飼いの合図用として使われており、その後教会の招集時や戦争時にも使われた。同種のものは、スカンジナビアからロシアスラブ諸国、高地ドイツに至るまでみられる。[川口明子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルペンホルンの関連キーワード中央アルプスハイジ南アルプス大和アルプスアルプス山脈サースフェーベルンアルプスアルルの牧童祭アルプス腐植土アルプス・ヒマラヤ地帯

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アルペンホルンの関連情報