アルミニウム青銅(読み)アルミニウムセイドウ

百科事典マイペディアの解説

アルミニウム青銅【アルミニウムせいどう】

銅にアルミニウム5〜12%を加えた合金。ニッケル,鉄,マンガン,亜鉛なども少量含む。結晶粒が微細であり,機械的性質や耐食性にすぐれ,船の推進機軸,バルブ,ポンプ部品,歯車,軸受その他の機械部品などに用いられる。
→関連項目青銅

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のアルミニウム青銅の言及

【銅合金】より

…また,リン青銅は鋳物としても使われる。銅‐アルミニウム合金はアルミニウム青銅と呼ばれる。とくにその鋳物は強さ,耐摩耗性,耐食性をそなえているので,船のプロペラなどに使われる。…

※「アルミニウム青銅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android