コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルミニウム青銅 アルミニウムセイドウ

百科事典マイペディアの解説

アルミニウム青銅【アルミニウムせいどう】

銅にアルミニウム5〜12%を加えた合金。ニッケル,鉄,マンガン,亜鉛なども少量含む。結晶粒が微細であり,機械的性質や耐食性にすぐれ,船の推進機軸,バルブ,ポンプ部品,歯車,軸受その他の機械部品などに用いられる。
→関連項目青銅

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のアルミニウム青銅の言及

【銅合金】より

…また,リン青銅は鋳物としても使われる。銅‐アルミニウム合金はアルミニウム青銅と呼ばれる。とくにその鋳物は強さ,耐摩耗性,耐食性をそなえているので,船のプロペラなどに使われる。…

※「アルミニウム青銅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アルミニウム青銅の関連キーワード耐食合金金属箔銅合金鋳物偽金

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アルミニウム青銅の関連情報