コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルメンデ Allmende[ドイツ]

1件 の用語解説(アルメンデの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アルメンデ【Allmende[ドイツ]】

ヨーロッパ中世で典型的に発達した,共同体が所有しその成員が用益権を持つ共同地。個別的に所有・用益される屋敷地や,個別的に所有されるが共同体規制のもとに用益される開放耕地と比べて,共同的関係が最も強い空間をなす。農村と都市を通じて存在し,複数の共同体にまたがって形成されることも多い。道路,水流,墓地などを含むこともあるが,主たる土地種目は,森林と荒蕪地(こうぶち)で,家畜の放牧,木材・刈敷・飼料の採取,狩猟などによる用益は,この土地を分割せずに行われることが多かった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アルメンデの関連キーワード見本市ヨーロッパ共同体ヨーロッパ経済共同体ヨーロッパ原子力共同体ヨーロッパ自由貿易連合ヨーロッパ通貨制度単一ヨーロッパ議定書ヨーロッパ理事会ヨーロッパ連合ヨーロッパ共同体産業連盟

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アルメンデの関連情報