コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンカラの戦(読み)アンカラのたたかい

百科事典マイペディアの解説

アンカラの戦【アンカラのたたかい】

1402年ティムール軍とオスマン帝国軍の戦い。ティムール軍は西アジア遠征のためアナトリア(小アジア)に侵攻した。オスマン朝第4代スルタン,バヤジト1世(雷帝)は急遽アンカラに転戦したが,大敗して捕らえられ,オスマン朝は分裂した(1412年まで)。1403年バヤジト1世は病没。この事件をもとにC.マーローは《タンバレン大帝》を書いた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アンカラのたたかい【アンカラの戦】

1402年7月28日,トルコのアンカラ近郊で戦われたティムール軍とオスマン・トルコ軍の会戦。1402年3月,冬営地カラー・バーグを出発したティムールは,オスマン軍との対決を目指して小アジアに進み,エルジンジャン,シワス,カイセリ,クルシェヒルを経てアンカラに到着,北東郊外のチュブク・オワスに陣を張った。これに対してスルタン,バヤジト1世に率いられたオスマン軍は,トカトから急ぎアンカラに引き返したが,わずか1日の戦いで完敗を喫し,バヤジト1世はティムールの捕虜となり,オスマン朝は一時的に滅亡した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android