コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンチゴネ Antigonē

翻訳|Antigonē

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンチゴネ
Antigonē

ギリシア神話の英雄オイディプスの娘。父とイオカステの母子婚によって生れ,オイディプスが盲目となりテーベから追放されると,最後まで彼の手を引いて放浪生活に付添った。7将によるテーベ攻めが失敗したあと,戦死したエテオクレスに代り王となった伯父のクレオンの布告にそむき,兄弟のポリュネイケスの遺体に土をかけたところを発見されて捕えられ,クレオンによって生きたまま墓に入れられ,餓死させられることになった。彼女は墓室の中で首を吊って自害し,これを知ったクレオンの息子でアンチゴネの婚約者であったハイモンも,彼女の遺体のそばに行き自殺をとげ,さらにクレオンの妻エウリュディケまで息子のあとを追って,クレオンを悲嘆のどん底に陥れたという。

アンチゴネ
Antigonē

ギリシア神話のアンチゴネをもとにした,ソフォクレス作の悲劇。この作品は,フランスの J.アヌイの『アンチゴーヌ』をはじめ,エウリピデス,セネカ (小) ,イタリアの J.アルフィエーリなどにも題材として使われている。また,J.コクトーの『アンチゴーヌ』 (1922) は,作者自身のデザインによる仮面,A.オネゲルの音楽,P.ピカソの装置によって注目された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アンチゴネの関連キーワードマリエット ハートレーテバイを攻める七将コミック・リリーフフェニキアの女たちハーゼンクレーバーギリシア文学ルチェッライ佐々木義人テーベ伝説オーピッツボフィルイスメネペレウスピュロスガルニエオルフ

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android