コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンティミスム アンティミスムintimisme

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンティミスム
intimisme

絵画用語。室内,静物,日常風俗など親しみ深い (アンティーム) 題材を描く画風。印象派にもみられるが,特に,19世紀末,20世紀初めに,ナビ派,P.ボナール,É.ビュイヤールの制作傾向をさすために用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アンティミスム(〈フランス〉intimisme)

《「アンチミスム」とも》20世紀の初期にフランスでさかんになった画風。室内・母子像など日常的で身近な題材を親しみ深くなごやかな雰囲気で描く。 ボナールやビヤールが代表。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

アンティミスム

親密な心情を基調とする芸術傾向。室内などの身近な生活に主題を求め,つつましやかに素直に愛情をこめて表現する態度を意味する。ナビ派ビュイヤールボナールの芸術は特にこの傾向をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

アンティミスムの関連キーワードエドゥワール ビュイヤール浴槽の裸婦