コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アントネスク Antonescu, Ion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アントネスク
Antonescu, Ion

[生]1882.6.15. ピテシュチ
[没]1946.6.1. ジラバ
ルーマニアの軍人,政治家。 1940年ルーマニアの首相。日独伊三国同盟に加盟し,対ソ宣戦を行なった。 44年8月のクーデターで逮捕され,首相の座を追われた。 46年戦犯として死刑に処された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アントネスク
あんとねすく
Ion Antonescu
(1882―1946)

ルーマニアの軍人、政治家。トランシルバニアに6月14日生まれる。第二次世界大戦時の親独政権の首班。第一次世界大戦に従軍、1934年に参謀総長、1937年に国防相になるが、右翼団体「鉄衛団」に近いとして翌1938年解任された。国土の3分の1が周辺諸国に奪われた1940年の危機に際して国王に請われて首相に就任、ドイツ軍の領内進駐を認め、三国同盟に加入した。鉄衛団の支持を得て独裁制を敷いたが、1941年1月には同団を解散させた。同年6月の独ソ開戦には30個師団を投入して対ソ宣戦し、ウクライナ南部を支配し、オデッサをアントネスク市と命名したが、1944年8月のクーデターで逮捕され、戦後、裁判ののち1946年6月1日処刑された。[木戸 蓊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アントネスクの関連キーワードコンスタンティン ブラティアヌルーマニア国家農民党ゲオルギウ=デジルーマニア史I. マニウブラティアヌルーマニアファシズムミハイ1世タタレスク6月2日ミハラケマニウ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android