コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンドレ Andre, Carl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンドレ
Andre, Carl

[生]1935.9.16. マサチューセッツ,クインシー
アメリカの美術家。アンドーバーのフィリップス・アカデミーで学ぶ。同級に F.ステラがいた。 1960~64年ペンシルバニア州の鉄道に勤める。初めは木材を組合せた構成的彫刻を制作していたが,次第に床面に物体を広く配置する作品に移った。ブロック,あるいは鉄,銅,アルミニウムなど金属の正方形の板を床に規則的に並べた作品や,屋外で干し草を一列に並べた作品など,面の上に並べるのがその基本となっている。

アンドレ
André, Maurice

[生]1933.5.21. アレス
フランスのトランペット奏者。炭坑で働いたのち,1952年パリ音楽院に入学。 55年ジュネーブ,63年ミュンヘン国際コンクール1位。 67年パリ音楽院教授。トランペットの世界的名手である。 73年初来日。

アンドレ
André, Yves-Marie de

[生]1675.5/6.22. シャトーラン
[没]1764.2.27. カン
フランスの哲学者。イエズス会士。 1693年イエズス会入会。 1705年マルブランシュと知合い,彼とデカルトの哲学に深く傾倒。危険思想視されて捜索を受け,『マルブランシュ伝』 Vie de Malebranche (1886) の原稿をとがめられて,21年バスティーユに投獄された。 26年カンの数学教授に任じられ,そこのアカデミーで行なった講演は,主著『美についての試論』 Essai sur le beau (1741) となった。マルブランシュ的実念論に立つ彼の美学は,V.クーザンに影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

アンドレ【Carl Andre】

1935~ ) アメリカの彫刻家。ミニマル-アートを代表するひとり。正方形の鉄板などを数多く床に配置した作品で有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

アンドレの関連キーワードベートーヴェン:グレトリの歌劇「獅子心王リチャード」のロマンス「燃える情熱」の主題による8つの変奏曲/piano soloロイヤル・フランダース・フィルハーモニー管弦楽団トゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団ジャスティーン ラーバレスティアロイヤル・ウィニペグ・バレエ団アンソニー・シモン スウェイトシティ・オブ・エンジェルフランシスコ フローレスジャン・ルイ ビアールAge,35 恋しくてレオン ピエール・カンシャトーラルビエールベルギー国立管弦楽団ゴーティエ カプソンピッツバーグ交響楽団アンドレア・シェニエM. ベークブデルアンドレ シャルロ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アンドレの関連情報