コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有馬義貞 ありま よしさだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

有馬義貞 ありま-よしさだ

1521-1577* 戦国-織豊時代の武将。
大永(たいえい)元年生まれ。有馬晴純(はるずみ)の長男。大村純忠(すみただ)の兄。天文(てんぶん)21年父の跡をつぎ,肥前日之江城(長崎県)城主となる。しばしば竜造寺氏に領内を侵略された。南蛮貿易に積極的で,領内の口之津(くちのつ)を開港。宣教師の布教をゆるし,みずからも洗礼をうけた。天正(てんしょう)4年12月27日死去。56歳。初名は晴直,のち義直。洗礼名はアンドレ

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

有馬義貞の関連キーワードキリシタン大名南島原(市)キリシタン有馬晴信有馬義直波多親

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android