ア・ポステリオリ(読み)アポステリオリ

百科事典マイペディアの解説

ア・ポステリオリ

ラテン語で〈より後なるものから〉の意。ア・プリオリに対して,結果あるいは属性からの認識・推論をいい,伝統的に真理性が低いとされる。〈非生得的〉〈後験的〉〈経験(感性)的〉と同義に用いられることが多い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のア・ポステリオリの言及

【ア・プリオリ】より

…ア・ポステリオリa posterioriと対をなして,推論の二つのあり方を規定する中世スコラ哲学の用語。ア・プリオリとは〈より先なるものから〉の意味で,元来,原因から結果へ,原理から帰結へという方向をとる推論・認識を,ア・ポステリオリ(〈より後なるものから〉の意)は,その逆の方向をたどる推論・認識を意味した。…

※「ア・ポステリオリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android