コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アース・ワーク(読み)アースワーク

百科事典マイペディアの解説

アース・ワーク

1960年代末以降の,広大な自然に人為・人工の痕跡を残す芸術活動の称。ランド・アート(Land Art)とも呼ばれるこの傾向は,美術の商業的な側面に反発し,自然との交感を通した創造的行為を目指す作家たちによって開拓された。ユタ州湖沼に岩塩や塩,土などを使って巨大な螺旋形を作ったロバート・スミッソン〔1938-1973〕,ネバダ州の二つの台地の間を掘り起こし,40トンもの土を移動させたマイケル・ハイザー〔1944-〕,ニュー・メキシコの平野に400本のステンレス・ポールを立て雷を呼び込もうとしたウォルター・デ・マリア〔1935-2013〕など,そのスケールは壮大である。よりささやかなレベルでは,英国のリチャードロング〔1945-〕,デビッド・ナッシュ〔1945-〕,アンディ・コールズワージー〔1956-〕らが,落ち葉や小枝,石などを活用して自然のなかに造形的なインスタレーションを制作し,写真記録として残す活動を展開している。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android