アース・ワーク(読み)アースワーク

百科事典マイペディア「アース・ワーク」の解説

アース・ワーク

1960年代末以降の,広大な自然に人為・人工の痕跡を残す芸術活動の称。ランド・アート(Land Art)とも呼ばれるこの傾向は,美術の商業的な側面に反発し,自然との交感を通した創造的行為を目指す作家たちによって開拓された。ユタ州湖沼岩塩や塩,土などを使って巨大な螺旋形を作ったロバート・スミッソン〔1938-1973〕,ネバダ州の二つの台地の間を掘り起こし,40トンもの土を移動させたマイケル・ハイザー〔1944-〕,ニュー・メキシコ平野に400本のステンレスポールを立てを呼び込もうとしたウォルター・デ・マリア〔1935-2013〕など,そのスケールは壮大である。よりささやかなレベルでは,英国のリチャード・ロング〔1945-〕,デビッド・ナッシュ〔1945-〕,アンディ・コールズワージー〔1956-〕らが,落ち葉や小枝,石などを活用して自然のなかに造形的なインスタレーションを制作し,写真記録として残す活動を展開している。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android