コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イサザアミ Neomysis intermedia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イサザアミ
Neomysis intermedia

軟甲綱アミ目アミ科。体長約 1cm。湖沼汽水域に生息するアミ(→アミ類)で,多量に漁獲されて佃煮にされるほか,餌料としても利用される。日本,ロシアのシベリア北アメリカ太平洋沿岸域に分布する。同じような環境に生息するクロイサザアミ N. awatschensis も食用として重要で,日本南部,中国沿岸域で知られている。東京湾以南の河口域にはニホンイサザアミ N. japonica が多産し,ときに淡水域にまで侵入してくる。(→甲殻類節足動物軟甲類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

イサザアミ

 アミの一種.佃煮などにする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イサザアミ【Neomysis intermedia】

アミ目アミ科の甲殻類。体長1cmくらい。体は淡褐色で半透明。雌は育房に黒色素を有する。雄の第4腹肢外肢は変形し長大,その第1節は第2節の2倍の長さを有する。第2触角の外肢(鱗片)は細長く鋭くとがっている。尾節は倒台形で,長さは幅の2倍より少し短く,側縁には同じ長さのとげが約20本列生し,後縁には1対の長いとげの間に2本の短いとげを有する。日本,シベリア,アラスカ,北アメリカなど,北太平洋を囲む地域に分布し,汽水域から淡水域の,かつては海と連絡のあった湖沼に陸封され,海跡動物となっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イサザアミ
いさざあみ
[学]Neomysis intermedia

節足動物門甲殻綱アミ目アミ科に属する水生小動物。日本、シベリア、アラスカ、カナダからアメリカ合衆国ワシントン州まで広く分布し、海跡湖沼や汽水域に生息している。体長1センチメートルほどで、典型的なアミ類の体制を示し、頭胸甲の前端が丸い。尾節は丸みのある長三角形で、側縁に約20本のとげが並び、末端には長短1対ずつのとげがある。近縁種のクロイサザアミやニホンイサザアミとともに、佃煮(つくだに)などの食用とされる。また、釣りの撒き餌(まきえ)や飼料にも加工される。[武田正倫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イサザアミの関連キーワード陸封型甲類醤蝦

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android