コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イシムカデ long‐legged centipede

2件 の用語解説(イシムカデの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イシムカデ【long‐legged centipede】

唇脚綱(ムカデ綱)イシムカデ目Lithobiomorphaに属する節足動物の総称。ムカデ類としては小型で体長4~30mm。やや扁平で成体は15対の歩肢がある。体色は褐色から橙色で地表生のものほど色が濃い。石下,落葉の中,土壌中などにたくさんすむが,石の下に集まることが多いところからこの名がある。人間をかむようなことはない。全世界に広く分布している。産卵シーズンは春から夏の間で,個々の卵を泥で包んで地中に放置する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イシムカデ
いしむかで / 石蜈蚣
long-legged centipede

節足動物門唇脚(しんきゃく)綱イシムカデ目Lithobiomorphaの陸生動物の総称。イシムカデ科およびイシムカデ属の総称としても用いられる。世界中に広く分布し、種類も多い。日本には約40種が知られている。全体に黄褐色、褐色、紫褐色で、体長4~30ミリメートルのものが多い。一般に扁平(へんぺい)で体が短く、そのわりに脚(あし)が長い。歩肢は成長すると15対になる。頭に1対の触角をもち、目は無眼のものから数十個の単眼の集まった目をもつものまであるが、普通は数個のものが多い。成熟した雌は春から夏にかけて次々と産卵する。卵は1個ずつ泥でくるみ、土中に放置される。孵化(ふか)した幼虫は歩肢数も胴節も少ないが、脱皮ごとに増節し、約3年で成熟する。小さな昆虫を捕食する。和名および学名は石の下にすむところからきている。[篠原圭三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イシムカデの関連キーワード唇脚類百足昔昔むかつき百足海苔むかと大蜈蚣自然体感しむかっぷむかしむかし

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone