コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イタチウオ(鼬魚) イタチウオBrotula multibarbata

世界大百科事典 第2版の解説

イタチウオ【イタチウオ(鼬魚) Brotula multibarbata】

スズキ目アシロ科の海産魚(イラスト)。日本の中・南部,西部太平洋,インド洋まで広く分布している。和歌山県田辺でウミナマズ,高知で他種との混称としてオキナマズなどの地方名があるが,これは本種の吻(ふん)の上下に6本ずつのひげがあることによるともいわれる。東京湾でタベラ,ドンコ,神奈川県福浦でビクニン,八丈島でモロヒゲ,小名浜でシンギョボなどとも呼ばれる。全長60cmに達する。頭と胴は円筒形に近いが,尾部は左右に薄くなっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android