イタチウオ(鼬魚)(読み)イタチウオ(英語表記)Brotula multibarbata

世界大百科事典 第2版の解説

イタチウオ【イタチウオ(鼬魚) Brotula multibarbata】

スズキ目アシロ科の海産魚(イラスト)。日本の中・南部,西部太平洋,インド洋まで広く分布している。和歌山県田辺でウミナマズ,高知で他種との混称としてオキナマズなどの地方名があるが,これは本種のふん)の上下に6本ずつのひげがあることによるともいわれる。東京湾でタベラドンコ,神奈川県福浦でビクニン八丈島モロヒゲ,小名浜でシンギョボなどとも呼ばれる。全長60cmに達する。頭と円筒形に近いが,尾部は左右に薄くなっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android