コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドンコ Odontobutis obscura

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドンコ
Odontobutis obscura

スズキ目ドンコ科の淡水魚体長 15cmになる。頭部は縦扁しているが,体の後方は側扁する。眼は小さい。左右の腹鰭は離れている。背鰭は 2基。体色暗褐色で,胸鰭尾鰭基底に黒色斑がある。産卵期になると雄は黒くなる。日本固有種で,茨城県ひたちなか市新潟県愛知県から九州に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ドンコ

カワアナゴ科の魚。地方名はドロボウ,ドロビシなど。全長25cmに達する。体色は暗緑色だが変異が多い。本州中部以西の日本,朝鮮半島,台湾,アジア大陸東部などの淡水域に分布。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドンコ
どんこ / 鈍甲
dark sleeper
[学]Odontobutis obscura

硬骨魚綱スズキ目ハゼ科に属する淡水魚。左右の腹びれは分離している。黒褐色をした体色は環境によって著しく変わる。全長25センチメートルに達する。本州の中部以南および九州、朝鮮半島に分布。池、沼、小川のよどみなどで単独の底生生活を送り、夜間に活動する。小魚、小形の甲殻類などを食べる。九州での産卵期は4~6月、石やそのほかの固形物の下面に卵塊を産み付け、雄の親魚がそれを守る習性がある。仔魚(しぎょ)は孵化(ふか)直後から底生生活へ入る。食用となる。[道津喜衛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ドンコの関連キーワード顎口虫(がっこうちゅう)ロンドン・コレクションフレームシフト突然変異うどんこ(饂飩粉)病イタチウオ(鼬魚)茨城県ひたちなか市ウドンコビョウキン鯊・沙魚・蝦虎魚ノボチェルカスクエゾイソアイナメドゥーンホンフルイニシュマーン島ニュウドウカジカサイゴン大教会テントウムシハゼ(沙魚)イェルマークうどんこ病うどん粉病閉鎖子嚢果

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドンコの関連情報