コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イタリア憲法 イタリアけんぽう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イタリア憲法
イタリアけんぽう

1947年制定。国民主権と,「労働に基礎をおく民主的共和国」という社会国家の理想と,平和主義とを基本原理としている。 42ヵ条に及ぶ人権条項はその体系性と内容の充実度において特に注目されている。元首として大統領をおき,議会両院制で,政府と議会とは議院内閣制的関係にある。裁判官人事の中立性を確保するため最高司法会議が設けられ,単一国家ではあるが州をおき,強い地方自治を認めている。また憲法裁判所憲法保障機能を果させるなど,種々の特色ある制度を採用している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

イタリア憲法の関連キーワード戦争の放棄戦争放棄労働組合社会権

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イタリア憲法の関連情報