イタリア憲法(読み)イタリアけんぽう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イタリア憲法
イタリアけんぽう

1947年制定。国民主権と,「労働に基礎をおく民主的共和国」という社会国家の理想と,平和主義とを基本原理としている。 42ヵ条に及ぶ人権条項はその体系性と内容の充実度において特に注目されている。元首として大統領をおき,議会両院制で,政府と議会とは議院内閣制的関係にある。裁判官人事の中立性を確保するため最高司法会議が設けられ,単一国家ではあるが州をおき,強い地方自治を認めている。また憲法裁判所憲法保障機能を果させるなど,種々の特色ある制度を採用している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イタリア憲法の関連情報