コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イテリメン

百科事典マイペディアの解説

イテリメン

カムチャツカ半島南半の先住民で古アジア人の一つ。旧称カムチャダール。狩猟・漁労生活。カムチャダール語イテリメン語)は,チュクチ,コリヤークユカギール,ニブヒ(ギリヤーク)語とともに旧アジア諸語に含まれる。
→関連項目カムチャツカ半島民族スポーツ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イテリメン
いてりめん
Ителъмен Itel'men

カムチャツカ半島に居住する先住民族。かつては半島に流入定着したロシア人とともにカムチャダールともよばれた。イテリメンは、言語が旧アジア諸語に属し、人口は2429人(1989)。形質的にはカムチャツカ半島の少数民族コリヤークに近いが、ロシア人との混血が進んでしまっているため、その原形を求めるのは困難であるといわれる。生業は採集狩猟および漁労で、とくに海獣狩猟と漁労によって食糧の多くを得ている。またロシア帝国の支配下にあった時代には交易、納税のために毛皮獣が大量にとられた。家畜はそり用の犬だけだったが、ロシア人によって牛馬も導入された。住居は半地下式で、竪穴(たてあな)の上に木造の屋根がかけられている。そこに血縁関係のある数家族が共同で住み、多いときには100人も入れたという。夏には家族ごとに、高床式の円錐(えんすい)住居も使われた。18世紀までは親族集団ごとに集落をつくっていたが、疫病、飢餓による人口減少で地縁的集落にかわり、住居もロシア人と同じ切妻屋根の木造家屋が主流になった。宗教は、犬の供犠を行うなど近隣のチュクチ、コリヤークとの類似性が高く、毎年狩猟儀礼が行われた。かつて成人の遺体を犬に与え、子供は木の空洞に埋めるという風習があったといわれる。[佐々木史郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イテリメンの関連キーワードペトロパブロフスク・カムチャツキーチュクチ・カムチャツカ語族シベリア・中央アジア神話イテリメン族チュクチ族シベリア綱引き犬ぞり葬制