コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イドルス イドルス Idrus

2件 の用語解説(イドルスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イドルス
イドルス
Idrus

[生]1921.9.21. 西スマトラパダン
[没]1979.5.19. パダン
インドネシアの作家。日本軍政時代から短編および戯曲を書きはじめた。軍政下の民衆の生活をユーモアと辛辣な皮肉と小気味よいテンポの文体で描く『地下のスケッチシリーズの短編が有名である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

イドルス【Idrus】

1921‐79
インドネシアの作家。西スマトラのパダンに生まれ,日本占領時代に創作活動を始める。日本軍政から独立革命期の激動する社会に生きる庶民の暮しを好んで短編小説に描いた。とくに,独立革命の最大の戦いとなった1945年11月のスラバヤの戦闘を舞台にした代表作《スラバヤ》(1947)は,革命に酔う若者,戦火に逃げまどう婦女子,革命を食いものにする闇商人などの姿をシニカルな筆致で描き出し,インドネシア文学史上〈45年世代〉と呼ばれる戦争と革命の文学者群のなかでの彼の名声を不動にした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イドルスの関連キーワードインドネシア語派パダンスマトラスマトラ沖地震スマトラタイガーインドネシアの恋唄グランドモスクシアヌック峡谷タマンミニインドネシアスマトラ沖大地震・津波

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イドルスの関連情報