コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イドルス Idrus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イドルス
Idrus

[生]1921.9.21. 西スマトラ,パダン
[没]1979.5.19. パダン
インドネシアの作家。日本軍政時代から短編および戯曲を書きはじめた。軍政下の民衆の生活をユーモアと辛辣な皮肉と小気味よいテンポの文体で描く『地下のスケッチ』シリーズの短編が有名である。独立戦争に題材をとった『スラバヤ』でもその辛辣な語り口は変らない。 1957年にマレーシアに移り,68年からはオーストラリアの大学でインドネシア文学を講じた。上記2作は,初期のロマンチックな作品とともに『「アベ・マリア」から「ローマへの他の道」』 Dari Ave Maria Ke Djalan Lain Ke Roma (1948) に収められている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イドルス【Idrus】

1921‐79
インドネシアの作家。西スマトラのパダンに生まれ,日本占領時代に創作活動を始める。日本軍政から独立革命期の激動する社会に生きる庶民の暮しを好んで短編小説に描いた。とくに,独立革命の最大の戦いとなった1945年11月のスラバヤの戦闘を舞台にした代表作《スラバヤ》(1947)は,革命に酔う若者,戦火に逃げまどう婦女子,革命を食いものにする闇商人などの姿をシニカルな筆致で描き出し,インドネシア文学史上〈45年世代〉と呼ばれる戦争と革命の文学者群のなかでの彼の名声を不動にした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

367日誕生日大事典の解説

イドルス

生年月日:1921年9月21日
インドネシアの小説家,劇作家
1979年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

イドルスの関連キーワードソフィー マルソーサリー フィールドきたはらいずみ木原 光知子星乃まおりマッハ文朱美咲あい生年月日沢田研二柏原芳恵小説家西脇彩

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android