コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イヌガラシ

3件 の用語解説(イヌガラシの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

イヌガラシ

日本全土,アジアに分布し,湿りけのある草地にはえるアブラナ科多年草。全体無毛で高さ20〜40cmになる。葉は羽状に裂ける。ほとんど一年中総状花序に径3〜4mmの黄色い4弁花を多数つける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

イヌガラシ【Rorippa indica (L.) Hiern】

田のあぜ道や,やや湿った道端などに多いアブラナ科の多年草(イラスト)。茎は基部から分枝して高さ30~50cm。葉は長さ6~15cm,先が細くなった楕円形で,粗い鋸歯があり,毛がない。下部の葉は羽状に分裂する。4~6月ごろ,枝の上部に小さい黄色の花を多数つける。花弁は4枚あって長さ3~3.5mm。果実は長さ16~20mmの棍棒状で5~7mmの柄があり,やや曲がって立ち上がる。日本,中国からインドにかけて分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イヌガラシ
いぬがらし / 犬芥子
[学]Rorippa indica (L.) Hochr.

アブラナ科の多年草。全草無毛。根は白く強大。茎は粗く分枝して高さ20~40センチメートル。葉は互生し、倒披針(とうひしん)形または長楕円(ちょうだえん)状披針形で長さ6~15センチメートル、鈍頭で羽裂または不規則な鋸歯(きょし)縁となる。基部は狭まって葉柄状となり、耳状に茎を抱く。5~11月、分枝の先に4~6センチメートルの総状花序をつけ、花弁はへら形黄色で長さ3ミリメートル、萼(がく)よりすこし長い。長角果は線形で長さ約2センチメートル、花柱は太く短い。日本全土の畑や道端に生える雑草で、朝鮮、中国、インドにも分布する。この属は世界に約70種、日本に5種分布する。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イヌガラシの関連キーワード縄手栴檀草田五加木道端嫁菜輪虫糸点突田路縄手道複道

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イヌガラシの関連情報