コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イヌガラシ

百科事典マイペディアの解説

イヌガラシ

日本全土,アジアに分布し,湿りけのある草地にはえるアブラナ科多年草。全体無毛で高さ20〜40cmになる。は羽状に裂ける。ほとんど一年中総状花序に径3〜4mmの黄色い4弁花を多数つける。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イヌガラシ【Rorippa indica (L.) Hiern】

田のあぜ道や,やや湿った道端などに多いアブラナ科の多年草(イラスト)。茎は基部から分枝して高さ30~50cm。葉は長さ6~15cm,先が細くなった楕円形で,粗い鋸歯があり,毛がない。下部の葉は羽状に分裂する。4~6月ごろ,枝の上部に小さい黄色の花を多数つける。花弁は4枚あって長さ3~3.5mm。果実は長さ16~20mmの棍棒状で5~7mmの柄があり,やや曲がって立ち上がる。日本,中国からインドにかけて分布する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イヌガラシ
いぬがらし / 犬芥子
[学]Rorippa indica (L.) Hochr.

アブラナ科の多年草。全草無毛。根は白く強大。茎は粗く分枝して高さ20~40センチメートル。葉は互生し、倒披針(とうひしん)形または長楕円(ちょうだえん)状披針形で長さ6~15センチメートル、鈍頭で羽裂または不規則な鋸歯(きょし)縁となる。基部は狭まって葉柄状となり、耳状に茎を抱く。5~11月、分枝の先に4~6センチメートルの総状花序をつけ、花弁はへら形黄色で長さ3ミリメートル、萼(がく)よりすこし長い。長角果は線形で長さ約2センチメートル、花柱は太く短い。日本全土の畑や道端に生える雑草で、朝鮮、中国、インドにも分布する。この属は世界に約70種、日本に5種分布する。[小林純子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イヌガラシの関連キーワードミチバタガラシツマキチョウ越年生植物クレソン狐芥子田芥子庭大根畑大根野芥子畔大根畔芥男薺