コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イヌワラビ

2件 の用語解説(イヌワラビの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

イヌワラビ

メシダ科の夏緑性シダ。本州〜九州に広く分布。林のへり,路傍などに多い。短くはった地下茎から葉があいついで出,高さ40〜70cm,草質で柔らかく,多少赤紫がかる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イヌワラビ
いぬわらび / 犬蕨
[学]Athyrium niponicum (Mett.) Hance

オシダ科のシダ。匍匐(ほふく)した根茎に40~80センチメートルの葉が込み合ってつく。葉軸は普通、紅紫色を帯びる。鱗片(りんぺん)は披針(ひしん)形をした淡褐色で、まばらにつく。葉身は葉柄とほぼ等長で、先が細く伸びた卵状長楕円(ちょうだえん)形をなし、草質。2回羽状複生、3回羽状深裂。羽片の柄は普通5ミリメートル以上である。胞子嚢(ほうしのう)群と包膜は直線状、鉤(かぎ)形など変化があり、縁(へり)には不規則な凹凸がある。北海道南西部から九州にかけて分布する。軸の紅紫色が著しく、羽軸に沿い白斑(はくはん)のある品種はニシキシダといわれ、観賞に適する。[西田治文]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイヌワラビの言及

【メシダ】より

…束生した葉の間にヘビがとぐろをまいていることがあるので,蛇の寝御座の和名がついたという。イヌワラビA.niponicum (Mett.) Hanceは日本に広く産し,東アジアに分布する。鱗片は淡褐色,葉の先端は急に狭まり尾状になる。…

※「イヌワラビ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イヌワラビの関連キーワードアジアンタムゼンマイ湿羊歯茶筅羊歯溝羊歯雌羊歯袋羊歯総羊歯蓬莱羊歯ワラビ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イヌワラビの関連情報