コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・クタイバ イブン・クタイバIbn Qutaibah, `Abd Allāh ibn Muslim al-Dīnawarī

2件 の用語解説(イブン・クタイバの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イブン・クタイバ
イブン・クタイバ
Ibn Qutaibah, `Abd Allāh ibn Muslim al-Dīnawarī

[生]828. クーファ
[没]889. バグダード
イラン系のアラビア語文学者,言語学者。アラビア語文学の黄金時代に生れ,バグダードで言語学の教授をしながら暮した。ジャーヒズと並ぶアラビア語散文の大家で,後世のアラビア語文学に影響を及ぼすところがきわめて大きい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イブン・クタイバ
いぶんくたいば
Ibn Qutaybah
(828―889)

アラブの人文学者。トルコ人を父にイラク生まれる。アラブ語学、ハディース(預言者ムハンマドの言行録)に関する学問などを幅広く学んだのち、しばらくディーナワルで判事を務めた。その後、バグダードで教壇に立って一生を過ごす。文法学者としてはバスラ、クーファ両派の流れを取り入れ、バグダード派に属す。『知識総論』『詩と詩人論』『文人必携』などの言語と文学に関する著作のほか、『諸史精髄』という歴史に関する大作、さらにはコーランやハディースなどに関する宗教的著作もある。[内記良一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

イブン・クタイバの関連キーワード真庭(市)寛平県内の高卒予定者の求人状況恐山海南倫敦エマール仕事と日々綜芸種智院瑞巌寺

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone