コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・クタイバ Ibn Qutaibah, `Abd Allāh ibn Muslim al-Dīnawarī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イブン・クタイバ
Ibn Qutaibah, `Abd Allāh ibn Muslim al-Dīnawarī

[生]828. クーファ
[没]889. バグダード
イラン系のアラビア語文学者,言語学者。アラビア語文学の黄金時代に生れ,バグダードで言語学の教授をしながら暮した。ジャーヒズと並ぶアラビア語散文の大家で,後世のアラビア語文学に影響を及ぼすところがきわめて大きい。ペルシアの歴史文学や宮廷文学の要素をも取入れ,洗練された表現力豊かなアラビア語散文体を大成した。『情報の泉』`Uyūn al-akhbārは 10巻から成る豊富な逸話集で,アラビア語随筆集の典型。『詩と詩人たちの書』 Kitāb al-shi`r wa'l-shu`arā'は純粋な審美的見地から,古今の詩人たちの代表作を選び,独自の立場からの序説をつけたもの。『知識の書』 Kitāb al-ma`ārifは宇宙の創造から説き起したアラビア語最初の世界史。『書記のアダブ』 Adab al-kātibは書記官たちに必要な言語学的知識その他を説いたもの。そのほか多くの名著を残した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イブン・クタイバ
いぶんくたいば
Ibn Qutaybah
(828―889)

アラブの人文学者。トルコ人を父にイラクに生まれる。アラブ語学、ハディース(預言者ムハンマドの言行録)に関する学問などを幅広く学んだのち、しばらくディーナワルで判事を務めた。その後、バグダードで教壇に立って一生を過ごす。文法学者としてはバスラ、クーファ両派の流れを取り入れ、バグダード派に属す。『知識総論』『詩と詩人論』『文人必携』などの言語と文学に関する著作のほか、『諸史精髄』という歴史に関する大作、さらにはコーランやハディースなどに関する宗教的著作もある。[内記良一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イブン・クタイバの関連キーワードアラビア文学百科事典