コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワナ(岩魚) イワナJapanese char

1件 の用語解説(イワナ(岩魚)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イワナ【イワナ(岩魚) Japanese char】

サケ目サケ科イワナ属の1種(イラスト)。最上流水域に生息する代表的な淡水魚で,ヤマメ(イラスト)よりもさらに奥深い谷川に多く,渓流釣りの好対象として釣人たちから注目されている。和歌山ではキリクチ中国山地ではゴギ,福井ではイモウオと呼ばれ,これらはそれぞれ独立した分布をする同一種内の別系群と考えられる。体長は30cmほどになり,体側に小判形のパー・マークparr markという斑紋をもち,また,小さな淡灰色の円点があり,側線より下にはさらに小さな朱点が混在する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone