コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アメマス アメマスSalvelinus leucomaenis leucomaenis

4件 の用語解説(アメマスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アメマス
アメマス
Salvelinus leucomaenis leucomaenis

サケ目サケ科の魚。背部や体側の白色斑が明瞭で,これらは成長につれて大きくなる。赤色斑はない。降海型(アメマス)と陸封型(エゾイワナ)がある。降海型は陸封型より大きく全長 70cm,陸封型は全長 40cmになる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アメマス

サケ科の魚。イワナの降海型とする説と,エゾイワナの降海型とする説がある。全長60cmに達する。背は黄褐色で,体側に白い斑点が散在する。稚魚期及び降海時に背びれ尾びれの先端部に大きな黒斑をもつのが,イワナとの違い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アメマス【whitespotted char】

サケ目サケ科イワナ属の魚(イラスト)。イワナの降海型とする説とエゾイワナの降海型とする説がある。背は黄褐色,体側には瞳孔径大から眼径大の大小の白色斑点が不規則に散在している。稚魚期および降海時には背びれと尾びれの先端部に明らかな黒斑をもつのが,イワナとの大きな相違点である。降海時には体色は銀白色をなす。北に生息するものほど降海型になる割合が多い。日本では,北海道と本州の日本海側では追良瀬川,太平洋側では北上川以北に分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメマス
あめます / 雨鱒
[学]Salvelinus leucomaenis

硬骨魚綱サケ科イワナ属の魚。日本本土のイワナの基本型とみなされており、北日本千島列島、樺太(からふと)(サハリン)、カムチャツカ半島、オホーツク海方面から朝鮮北部にわたって分布する。本州のイワナとの分布境界は明確でないが、太平洋側では三陸沿岸、日本海側では秋田県沿岸の河川と推測される。背部は紫色を帯びた緑褐色、腹面は白または黄白色で背面から体側に小白斑(はくはん)が散在する。幼魚には体側に小判形のパーマークとよばれる斑紋がある。北海道ではおもに生後3年目のものが銀白化し、背びれ、尾びれの末部が黒化し、体側の円斑は目だって大きくなり、5~6月降海して沿岸で生育する。8~9月ごろから遡河(そか)するが成熟せず、冬季、ふたたび降海するものが多い。この川と海の往復を反復して成熟し、9~10月上流域の平瀬に産卵する。大形のものは60センチメートルを超す。上流域のイワナ型のものは渓流釣りの対象となるが、下流の降海型を主とする大形のものはサケの稚魚の害魚とされる。なお、北海道では湖沼型や河川型の魚を単にイワナおよびエゾイワナとよぶことがある。[久保達郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアメマスの言及

【生物群集】より

…そして,理屈の上からも予想されるように,食いわければすみわける必要はなく,すみわければ食いわける必要はない。北海道にすむマス類のオショロコマとアメマスとヤマメとは,ふつう上流から下流へと順次互いにすみわけ,この場合にはどの種も水面から水底近くまでの餌のすべてを食う。しかし共存する場所では,1種は底近くの,1種は水中の,1種は水面の餌をねらい,食いわけを行う。…

※「アメマス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アメマスの関連情報