コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カワマス カワマスSalvelinus fontinalis; brook trout

3件 の用語解説(カワマスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カワマス
カワマス
Salvelinus fontinalis; brook trout

サケ目サケ科の淡水魚。全長 50cm。体は黄色みがかった褐色で,背部には虫食い状の斑紋があり,体側には鮮明な朱赤斑紋がある。胸鰭,腹鰭,尻鰭の前部軟条は白い。山間の渓流,湖にすみ,昆虫,小魚などを餌とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

カワマス

サケ科の魚。体の背面に虫食い状の斑紋と,体側に赤い斑点がある。北米北東部の原産で,日本への卵の移殖は1901年に日光の中禅寺湖で初めて成功した。山間の冷水域を好み,餌は昆虫,小魚などの小動物。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カワマス
かわます / 河鱒
brook trout
[学]Salvelinus fontinalis

硬骨魚綱サケ目サケ科に属する渓流魚。この名は英名の直訳で、北アメリカ東部原産のイワナの一種である。生活型は北方ではアルプスイワナやオショロコマと同様にアナドロマス型となり、ある期間海洋生活をする。分布はカナダ東側のラブラドル半島北部沿岸と河川からアメリカジョージア州北部の山間渓流まで広範囲に及ぶ。1800年代の後半から養殖適種として世界各地に移殖され、日本には1901年(明治34)から数回、日光などに卵で輸入され、その後各地の冷水域で池中養殖および河川放流をされた。同じ輸入養殖魚のニジマスに比べ、より低い水温を好む。体長は50センチメートルにもなる。茶褐色の背面に黄白色の虫食い状の斑点(はんてん)を有し、背びれ、尾びれにも同様の模様がある。体側には白色小円点と混じって紅紫色の小円点が散在し、美麗である。現在、日本の自然分布として北海道西別(にしべつ)川上流、日光湯ノ湖と湯ノ川、および長野県梓(あずさ)川上流(上高地)とくに明神(みょうじん)池が知られる。食性はかなり荒く、おもに昆虫類や小魚を食う。産卵期は10月下旬から12月以降にも及び、やや流れの緩い平瀬の砂礫(されき)床を掘って産卵する。釣りの対象魚としておもしろく、食用としても相当に美味である。他種のイワナ、とくに日本のイワナと交配しやすく、その一代雑種は一般に成長、生残率ともに良好であるが、その第2代以降は成熟が正常でなく、生残率も著しく低下する傾向がある。河川内では実際に自然の交配も確認され、これの放流により在来のイワナの再生産を著しく低下させるおそれがある。[久保達郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カワマスの関連キーワードミズカンナギャレックスGALEX伊豆群発地震レペノマムス島根の青銅器遺跡地帯環濠集落シーバスフィッシングガイドランナー新広島市民球場

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone