コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カゲロウ類 カゲロウるい Ephemeroptera; may fly

1件 の用語解説(カゲロウ類の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カゲロウ類
カゲロウるい
Ephemeroptera; may fly

カゲロウ目に属する昆虫の総称。蜉蝣類ともいう。不完全変態をする有翅類で,小型ないし中型の軟弱な昆虫である。口器は咀嚼型であるが,退化して機能をもたないため成虫の寿命は非常に短く,ほとんどが2~3日間,短いものでは2時間に満たない種もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カゲロウ類の関連キーワード蜉蝣・蜻蛉蜉蝣の命網目蜻蛉薄翅蜉蝣草蜉蝣亜成虫カゲロウクサカゲロウ(臭蜻蛉)コナカゲロウ(粉蜻蛉)ヒメカゲロウ(姫蜻蛉)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カゲロウ類の関連情報