コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三川 みかわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三川
みかわ

新潟県中北部,阿賀野川の中流域にある阿賀町北西部の旧村域。 1886年福島県から新潟県に編入。 1889年村制。 1908年綱木村と合体。 1955年揚川村,下条村のそれぞれ一部と合体。 2005年津川町,鹿瀬町,上川村と合体して阿賀町となった。北部の新谷,綱木は江戸時代は会津街道の宿場町。かつては三川鉱山があり栄えたが,1961年閉山。 1962年完成した揚川ダム,三川温泉などのほか,中ノ沢地区にはキャンプ場も整備され,観光が主産業となっている。一部は阿賀野川ライン県立自然公園五頭連峰県立自然公園に属する。平等寺境内の将軍スギは国の天然記念物。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三川
みかわ

新潟県中北部、東蒲原(ひがしかんばら)郡にあった旧村名(三川村(むら))。2005年(平成17)東蒲原郡津川(つがわ)町、鹿瀬(かのせ)町、上川(かみかわ)村と合併して阿賀(あが)町となり、阿賀町の北西部を占める。旧村域は阿賀野(あがの)川流域に位置する。近世までは会津藩領に属し、中央を縦貫する旧会津街道の諏訪(すわ)峠、綱木(つなぎ)峠越えの難所として知られた。中央を阿賀野川が西流し、阿賀野川ライン県立自然公園の景勝地を形成。JR磐越西(ばんえつさい)線、国道49号が並走し、揚川(あげかわ)ダムがある。白崎(しろさき)から石間(いしま)までの13キロメートル間は、旧津川船道の舟下りが楽しめる。旧村域の97%が山林で、木材、クリ、シイタケ、ナメコなどが主産物である。三川温泉があり、平等寺の薬師堂は国指定重要文化財。[山崎久雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

三川の関連キーワード山形県東田川郡三川町押切新田山形県東田川郡三川町角田二口山形県東田川郡三川町成田新田山形県東田川郡三川町広岡新田山形県東田川郡三川町横川新田山形県東田川郡三川町竹原田山形県東田川郡三川町善阿弥山形県東田川郡三川町菱沼山形県東田川郡三川町横川山形県東田川郡三川町東沼山形県東田川郡三川町青山山形県東田川郡三川町小尺山形県東田川郡三川町猪子山形県東田川郡三川町堤野山形県東田川郡三川町土口山形県東田川郡三川町横山山形県東田川郡三川町横内山形県東田川郡三川町神花山形県東田川郡三川町加藤山形県東田川郡三川町助川

三川の関連情報