コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インターネットラジオ いんたーねっとらじおInternet radio/e-radio

知恵蔵の解説

インターネットラジオ

ネットラジオ」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

インターネット‐ラジオ(internet radio)

インターネットを通じて配信される音声コンテンツ。ストリーミング型とダウンロード型がある。既存の放送局が電波による放送と同時間に同内容のものを配信するIPサイマル放送のほか、インターネット上での配信に特化したものもある。また、専用のIP網を利用したものはIPラジオとよばれる。ネットラジオ。ウェブラジオ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

インターネットラジオ

ストリーミングを使って、インターネット上でラジオ番組や音声データを配信するサービスのこと。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

IT用語がわかる辞典の解説

インターネットラジオ【internet radio】

インターネットを利用して配信される音声コンテンツ。従来のラジオ番組のように放送時間が決まっているストリーミングと音声データをまとめてダウンロードして聴取する2種類の配信方式がある。◇略して「ネットラジオ」ともいう。また、「ウェブラジオ」ともいう。

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インターネットラジオ
いんたーねっとらじお
internet radio

インターネットを使って、ラジオのように音声を流す技術やコンテンツのこと。ネットラジオやネトラジ、ウェブラジオなどともいう。ラジオという名称ではあるが、電波を使わないため、放送免許などは不要である。また、配信側が制限をかけなければ、世界中で受信できる。そのため、放送を専門とする企業や団体だけでなく、個人や別業種の企業の参入も多い。
 放送内容は、地上波のラジオ局がそれぞれ提供している番組や、日本全国のローカルFM局などによる共同でのサイマル配信(複数のメディアで同じコンテンツを同時配信すること)、海外メディアによる全世界への配信などがある。また、ジャンル別に分割された音楽専門局、ゲーム会社や出版社などの企業やミュージシャンの事務所などが運営する放送局、個人配信局などのほかに、難聴取地域対策のため、配信エリアを限定した形で大手の民放局が参加するサービスもある。
 インターネットラジオは、番組を提供しているサイトにアクセスして聴取する。そのため、インターネット回線とパソコンやスマートフォンなどの機器に加えて、再生用アプリケーションが必要となる。インターネットラジオ専用のアプリケーションに加え、Windows Media Player(ウィンドウズメディアプレーヤー)、RealPlayer(リアルプレーヤー)、iTunes(アイチューンズ)、ブラウザーのプラグインとして使うAdobe Flash Player(アドビフラッシュプレーヤー)といった一般的なメディアプレーヤーでも利用できる。
 放送手法としては、同時放送(生放送方式)のストリーミング型とファイルをダウンロードしてから聞くオンデマンド型に分けられる。オンデマンド型のなかには、RSS機能をもち、番組が更新されると情報が配信されるものや、自動で受信することができるものもある。
 同様のサービスで、インターネットではなく専用IP網などのクローズドネットワークを利用して配信しているものをIPラジオとよぶ。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

インターネットラジオの関連キーワードNHKネットラジオらじる★らじるStitcher RadioAmazon Fire TVクラウド型音楽配信サービスTuneIn RadioAppleミュージックJango Radioフルーツぴ~ち大将軍インターネット放送web radioiTunesラジオ黒豚SOUNDSオイシイシューズパーソナルラジオXiiaLive音楽配信サービスwebラジオマッスル増田あぁ~しらき高橋美知加

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

インターネットラジオの関連情報