インチン(影青)(読み)インチン

百科事典マイペディアの解説

インチン(影青)【インチン】

淡青色を呈する白磁の一種。青白磁とも。宋〜元代にかけて中国江西省,福建省,広東省一帯で多く焼かれているが,宋代景徳鎮窯の作品が特にすぐれる。文様のないものもあるが,一般に影青とは(うわぐすり)の下に美しい彫り文があり,その部分が影のように青く見えることからの名称。瓶,水注,皿(さら),鉢,碗(わん)類のほか合子(ごうす)など。日本へは11世紀末―12世紀にかけて大量に舶載されたとみられ,経塚からは,経筒のほか合子の類が特に多く出土する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android