影青(読み)いんちん(英語表記)ying-qing

  • えいせい
  • 影青 yǐng qīng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青白 (ちんぱい) ともいう。白色素地に淡青色 (うわぐすり) をかけた白磁。素地に施した彫刻文様の彫り込み部分などに,釉が透明な青白色にたまってみえることによる名称。中国,代の江西省,景徳鎮窯で大量に作られており,そのりは宋代以前にさかのぼるといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

中国産の白磁の一種の俗称。隠青とも書かれ,青白磁ともいう。白い磁器質の素地に,青みをおびた透明性の釉薬がかかっている。素地に文様を彫りつけたものがあり,彫りこんだ部分の釉薬が厚くなるため,文様は白地にうす青くあらわれて,清純な美しさを感じさせるところから喜ばれる。影青とはこの状態を表現した呼称である。宋・元時代に中国南部でさかんに焼造され,とくに江西省の景徳鎮窯のものがもっともすぐれているとされる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

中国語
中国宋代、江西省景徳鎮で焼かれ始めた磁器。白色半透明の薄い胎土にわずかに鉄分を含む透明の釉うわぐすりをかけたもの。模様部に釉がたまってほかの部分よりも青く見える。青白磁。白青磁。
インチン影青

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白磁の一種で、釉(うわぐすり)に青みがうっすらとさすところから青(せい)白磁ともよび、その印象を月光を浴びた青ととらえて影青なることばが中国人によって唱えられた。20世紀に入ってからの造語らしい。この青白磁は宋(そう)代の景徳鎮窯(けいとくちんよう)の白磁がことに名高い。素地(きじ)がほとんど夾雑物(きょうざつぶつ)を含まない純白で、透明釉(ゆう)のなかにきわめて微量に含まれる鉄粉(約0.2~0.3%)が強力な還元炎で焼製されたため、第二酸化鉄が第一酸化鉄に還元された結果、青みを呈する。その現象は青磁と同じであるが、素地や含有率の相違から気品の高い青白磁になる。華南では油質のマツなどの木材を燃料に用いるため、炎が長く理想的な還元炎がつくりやすく、青白磁が流行した。江西省の景徳鎮窯をはじめ、広東(カントン)、福建、安徽(あんき)、河南の各省でも青白磁が焼かれた。[矢部良明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 白色の素地上に、あわい青味のある釉(うわぐすり)がかかった磁器。刻文にたまった釉が影のように青くみえることからこの名がある。中国で、北宋期から焼かれ、景徳鎮窯が主産地。インチン。
〘名〙 (「影青」の中国音) =えいせい(影青)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の影青の言及

【白磁】より

… 一方,華南では江西省景徳鎮窯が五代,北宋の初めに白磁を焼造していたが,北宋中期には,青みをおびた青白釉の磁器を完成し,輸出陶器として国外に大量に輸出された。青白磁,インチン(影青)などと呼ばれるものであるが,胎の中に含まれた微量の鉄分が,還元炎で焼成されたために青みを帯びたのであり,厳密には白磁と呼ぶべき磁器である。景徳鎮窯をはじめとして福建省の徳化窯などが華南白磁生産の中心となった。…

※「影青」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出勤再開うつ

在宅勤務から出勤再開に伴う不安やストレスによって生じる心身の不調を指す俗称。2020年に新型コロナウイルスの感染拡大防止策として普及した、テレワークなどによる在宅での新しい働き方に慣れてきた頃に、緊急...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android