コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インドボダイジュ(印度菩提樹)(読み)インドボダイジュ(英語表記)Ficus religiosa; bo tree

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インドボダイジュ(印度菩提樹)
インドボダイジュ
Ficus religiosa; bo tree

インドゴムノキと近縁のクワ科イチジク属の常緑大高木で,1株でこんもりと森のように茂る。樹皮は灰白色。葉は互生し,長い柄のある広い卵形で,先端は尾のように伸び,革質で長さ 10~15cmもある。果実はイチジクに似て,直径 1.5cmぐらい,暗紫色に熟する。この木の下で釈迦悟りを開いたといわれ,仏教徒により神聖視されている。釈迦が悟りを開いたといわれる木は,現在インドのブッダガヤーにあり,仏教徒の巡礼地となっている。よく似た別種にベンガルボダイジュ F. benghalensisがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android