インドボダイジュ(印度菩提樹)(読み)インドボダイジュ(英語表記)Ficus religiosa; bo tree

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インドボダイジュ(印度菩提樹)
インドボダイジュ
Ficus religiosa; bo tree

インドゴムノキと近縁のクワ科イチジク属の常緑大高木で,1株でこんもりと森のように茂る。樹皮は灰白色。葉は互生し,長い柄のある広い卵形で,先端は尾のように伸び,革質で長さ 10~15cmもある。果実はイチジクに似て,直径 1.5cmぐらい,暗紫色に熟する。この木の下で釈迦悟りを開いたといわれ,仏教徒により神聖視されている。釈迦が悟りを開いたといわれる木は,現在インドのブッダガヤーにあり,仏教徒の巡礼地となっている。よく似た別種にベンガルボダイジュ F. benghalensisがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android