コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インドボダイジュ いんどぼだいじゅ

1件 の用語解説(インドボダイジュの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インドボダイジュ
いんどぼだいじゅ / 印度菩提樹
[学]Ficus religiosa L.

クワ科の常緑樹。テンジクボダイジュ天竺菩提樹)ともいう。インドスリランカ原産。葉は革質で表面は滑らか、長い柄があり、先端が細長く伸びて尾状になる。イチジクのような隠花果がつき、径1.5センチメートルほどで暗紫色に熟す。日本へは明治中期に渡来し、観葉植物として温室で栽培される。寒さにやや強く、4℃から零下1℃でも越冬する。繁殖は挿木による。釈迦(しゃか)がこの樹の下で悟りを得たことで名高い。なお、普通にボダイジュ(ドイツ語名リンデンバウム)とよんでいるものは本種とは別であり、中国原産のシナノキ科の落葉樹、およびこれと近縁種との雑種である。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のインドボダイジュの言及

【アコウ】より

…防風,防潮用のほか,木陰樹としても利用される。釈尊がその樹の下で悟りを開いたと言われる菩提樹は,日本の寺院に植えられているボダイジュTilia miqueliana Maxim.ではなく,インドボダイジュF.religiosa L.(英名bo‐tree)で,気根を垂らす,巨大な雌雄同株のイチジクである。イヌビワF.erecta Thunb.は日本の暖地に普通に生える落葉低木で,果囊は黒く熟して食用になる。…

【インドゴムノキ】より

…アサヒcv.Asahiはデコラの枝変りで,葉縁が白,淡ピンクの覆輪となり,強健で草姿もよい。このほか常緑のイチジク属Ficus植物には,インドボダイジュ,コバンボダイジュF.diversifolia Bl.(東南アジア原産,低木で葉も小型),フィカス・ベンジャミナF.benjamina L.(インド原産,小型の葉),カシワバゴムノキF.lyrata Warb.(アフリカ原産,カシワ状の大型の葉)のように観葉植物として栽植されるものがある。ゴムノキの仲間は,挿木または取木でふやすが,発根には15℃以上の高温が必要。…

【ボダイジュ(菩提樹)】より

… 釈迦が,その木の下で菩提を成就し,仏となったという菩提樹は,仏教やヒンドゥー教で神聖な木とされている。このインドの本来の菩提樹はインドボダイジュFicus religiosa L.(英名bo tree,bodhi tree)の名で呼ばれるクワ科の常緑広葉樹で,葉は広卵心形で先端は尾状にとがっている。しかしインドボダイジュは熱帯植物で,仏教の伝来した中国では育たない。…

※「インドボダイジュ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone