コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インミッシオン Immission[ドイツ]

1件 の用語解説(インミッシオンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

インミッシオン【Immission[ドイツ]】

ドイツ民法(およびスイス民法)上の概念で,ばい煙,騒音,震動などが隣地に侵入すること。日照妨害,汚水の侵入は含まない。ドイツ民法上,所有権はあらゆる有形無形の侵害から守られ,妨害排除請求権が認められている(ドイツ民法903,1004条)。また,侵害行為が違法で故意・過失がある場合には損害賠償を請求することができる(823条以下)。しかし,インミッシオンについては特別な受忍義務が規定されている。(1)被害が本質的(〈かなりの程度〉という意味)でなければ,被害者は差止めも損害賠償も請求できない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のインミッシオンの言及

【公害】より

…公害の語源は明らかではないが,日本の法制上登場するのは,明治10年代の大阪府の大気汚染規制のための府令(のちの条例)や同20年代の〈河川法〉以降である。この場合の公害は〈公益〉の反対概念であったが,やがて大正期に入ると,地方条例の中で,今日と同じように,大気汚染,水汚染,騒音,振動,悪臭などによる公衆衛生への害悪を総称して公害と呼んでいる。 現代の公害は次のように定義できよう。すなわち,公害とは,都市化,工業化に伴って大量の汚染物の発生や集積の不利益が予想される段階において,経済制度に規定されて,企業が利潤追求のため環境保全や安全の費用を節約し,また無計画にモータリゼーションや大量消費生活様式が普及し,国家(自治体を含む)が環境保全の政策を怠る結果として生ずる自然および生活環境の侵害であって,それによって人の健康障害または生活困難が生ずる社会的災害である。…

【公害】より


[イギリス以外の国々]
 イギリス以外のヨーロッパ諸国,あるいはアメリカ大陸の資本主義国では,イギリスと同じように,産業革命以後,公害問題の増加とともに対策がとられている。ドイツの場合,インミッシオンImmisionとしてイギリスのニューサンスと同じように,ガス,煙,熱,騒音などによって,隣地の所有や利用を侵害する行為を取り締まってきた。あるいは,アメリカの場合には,自治体の条例によって,大気汚染や水質汚濁の防止が進められた。…

※「インミッシオン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

インミッシオンの関連キーワード旧民法サビニー実質法ドイツ民主共和国東ドイツ民法民法旧規定民法典鳩山秀夫星野英一

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone