コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イースター島 イースターとうEaster Island

4件 の用語解説(イースター島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イースター島
イースターとう
Easter Island

スペイン語ではパスクア島 Isla de Pascua。チリ中部西岸から約 3600km西の太平洋上にあるチリ領の島。ポリネシア諸島の東を画する。面積約 160km2のほぼ三角形をなした火山島で,島内には火山や寄生火口が点在,浸食の進んだ溶岩原が広がる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

イースター‐とう〔‐タウ〕【イースター島】

Easter》南太平洋の東部にある島。チリ領。1722年のイースターの日にオランダ人が発見。巨人石像モアイがある。パスクア島。ラパヌイ島

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

イースターとう【イースター島】

〔Easter〕 南太平洋にある孤島。チリ領。巨石像モアイの遺跡がある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イースター島
いーすたーとう
Easter Island

南太平洋の東部にある島。パスクア島Isla de Pascuaまたラパヌイ島Isla de Rapa Nuiともよばれる。面積180平方キロメートル南回帰線のわずか南の南緯27度08分、西経109度26分、チリの海岸から約3800キロメートル西方に位置する。先住民が残した多くのモアイとよばれる巨大な石像をはじめとする遺跡の島として有名である。1722年4月5日の復活祭(英語ではEaster、スペイン語ではPascua)の日に、オランダの軍人ロッヘフェーンJacob Roggeveen(1659―1729)により発見されたのにちなんで、イースター島あるいはパスクア島の名でよばれる。1888年チリ領となり、現在は同国の第5地域(バルパライソ)に属している。
 東太平洋海嶺(かいれい)が東へ西チリ海嶺を派出する地点に生じた火山島で、三角形の輪郭をした島は20余りの火山群で構成されているが、活火山はない。これらのうち三角形の各頂点に位置する三つの火山がもっとも大きい。すなわち、東の角のプアカチキ火山、北端にあり標高450メートルで島内最高峰のラノアロイ火山、および南西端にあり直径1キロメートルほどの火口をもつラノ・カウ火山である。プアカチキ火山西麓(せいろく)にあるラノララク火山の火口は先住民たちがモアイを製作した地であり、とくに多数のモアイが並んでいる。島の気候は温暖、亜湿潤な亜熱帯気候で、年平均気温は20℃、最暖月(2月)24℃、最寒月(8月)18℃と気温の年較差が小さい。2月から9月にかけてが雨期にあたる。
 1850年代以前は4000人前後の島民がいたが、天然痘の流行や奴隷として島外に連れ出されたため激減し、チリの領土となった1888年ごろにはわずか180人だったといわれる。現在では、約1600人の住民がおり、その4分の1がチリ本国からの白人である。島民の大部分は島の西岸にあるアンガ・ロアの町に住む。わずかばかりの畑には自給用のタロイモ、サツマイモ、キャッサバなどの作物がつくられ、ユーカリの茂みが点在する低い丘陵地の草原ではヒツジが放牧されている。1967年、イースター島経由のサンティアゴ―タヒチ島間の航空路が開設されて以来、多くの観光客が同島を訪れるようになった。1月から2月にかけてが観光の最盛期。遺跡などの保護のため島の3分の1の地域が国立公園(ラパヌイ国立公園)に指定されており、また島の出入りの際には厳重な植物検疫が実施されている。ラパヌイ国立公園は1995年に世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。[松本栄次]

歴史

オランダ船アレノア号によって1722年に発見されて以後、多くの探検家たちがイースター島を訪れたが、初めて学術的な調査を行ったのはノルウェーの人類学者ヘイエルダールであった。彼はマルケサス諸島の巨石像と南アメリカの巨石文化を互いに関連するものと考え、インカ時代の舟を復原して(コン・ティキ号)、1947年にペルー海岸からツアモツ諸島に航海した。そして1955~56年にかけて、イースター島のモアイの立つアフとよばれる宗教遺跡の調査を行った。アフは切り石を前方に積み重ね海側を高くした30メートル×100メートルほどの台座上に、石像を1~15個ほど1列に並べたもので、イースター島ではこのようなアフが200以上確認されている。石像では高さ約10メートルのものもある。
 イースター島の文化は前期(400ころ~1100ころ)、中期(~1680ころ)、後期(~1800ころ)に三分されている。前期は移住期で、アフも構築されているが石像は小さなものであった。中期は石像がもっとも発達した時期で、アフも修復され、最大のもので80トンもあるモアイがつくられている。後期に入ると部族間の戦争が激しくなり、人口も急減して、石像は倒されアフは墓地となった。モアイは島の南東にあるラノララク山の旧噴火口内で、壁面に露出している凝灰岩を利用してつくられた。この石切り場には未完成のモアイが数百個体放置されている。また島内各地に散在するアフまでの運搬も大事業であったと思われ、アフに至る通路にも、運搬途中で失敗して、頭部を欠いたモアイが放置されている。
 イースター島の先住民はポリネシア系の民族と考えられている。ポリネシア民族の源流は、一般には東南アジア、インドネシア方面に求められ、ミクロネシア、西ポリネシアを経て、紀元前後ごろに東ポリネシアの諸島に移動が始まったとされている。しかしヘイエルダールは、探検家たちの先住民観察報告や、モアイの風貌(ふうぼう)などから、コーカサス系人種との関係を強調した。[寺島孝一]
『マジェール著、早津敏彦他訳『イースター島の巨石文明』(1972・大陸書房) ▽ヘイエルダール著、山田晃訳『アク・アク――孤島イースター島の秘密』(社会思想社・現代教養文庫) ▽A・コンドラトフ著、中山一郎訳『イースター島の謎』(講談社現代新書) ▽森本哲郎著『イースター島――遺跡との対話』(平凡社カラー新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

イースター島の関連キーワードウティラ島ウロス島グアナハ島ココス島ココ島タキーレ島パガル島パスクア島フエゴ島ロアタン島

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イースター島の関連情報