コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィリス動脈輪閉塞症 うぃりすどうみゃくりんへいそくしょう

3件 の用語解説(ウィリス動脈輪閉塞症の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

ウィリス動脈輪閉塞症

モヤモヤ病」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ウィリスどうみゃくりん‐へいそくしょう〔‐ヘイソクシヤウ〕【ウィリス動脈輪閉塞症】

occlusive in circle of Willis厚生労働省指定の難病の一。脳底部のウィリス動脈輪に狭窄(きょうさく)や閉塞がみられ、脳虚血症状を示し、体各部の麻痺(まひ)・知覚異常不随意運動・頭痛・痙攣(けいれん)などを起こす。小児や若年者に多い。脳血管造影で脳底部にもやもやとした異常血管網がみられることから、別名「もやもや病」とも。英国の医師T.Willis の名にちなむ。脳底部異常血管網症

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィリス動脈輪閉塞症
ウィリスどうみゃくりんへいそくしょう
occlusive disease in circle Willis

脳内を循環する内頸動脈が,血管を分岐する直前で狭窄したり閉塞する疾患。その狭窄部,閉塞部を補うために細いバイパス血管網が形成され,その血管網が脳血管撮影の際にもやもやと見えることから,モヤモヤ病 Moyamoya diseaseとも呼ばれる。おもに日本人にみられる原因不明の疾患で,1対 1.8の割合で女性にやや多い。5歳前後に発病する若年型と,30~40歳代を中心に発病する成年型に分けられ,若年型では突発性の意識障害や脱力,けいれんなどが起り,成年型では脳卒中発作の形で発症することが多い。発作を繰返すうちに,麻痺や知能障害が進行していく例もある。根本的治療法はないが,脳血流改善薬などが投与されるほか,若年型の場合にはバイパス血管の形成手術が効果をみせることもある。 1982年に厚生省から難病の指定を受けた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のウィリス動脈輪閉塞症の言及

【もやもや病】より

…頭蓋内の内頸動脈終末部から前・中大脳動脈起始部(ウィリス動脈輪)が両側性に閉塞性病変を示し,代償的な側副血行路として脳底部に異常血管網が発達した病気。脳血管撮影上の所見で異常血管網の形態がもやもやとしているところからこの名があるが,ウィリス動脈輪閉塞症occlusive disease in circle of Willisとも呼ばれている。異常血管網の成因には先天性説と後天性説があるが,いまだ不明である。…

※「ウィリス動脈輪閉塞症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone