コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

もやもや病 モヤモヤビョウ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

もやもや病

1950年代に日本で発見された。脳の太い血管が狭くなったり、詰まったりする。血流量が減って、脳に酸素や栄養が届きにくくなる。不足分を補おうと、細い血管に血液が流れるようになる。これらが画像で、もやもやした煙のように見えることから名付けられた。一時的に、手足の力が抜けたり、しびれが出たりする。ひどくなると脳梗塞脳出血を起こすこともある。国内の患者は約1万人とされる。

(2014-05-27 朝日新聞 朝刊 生活2)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

もやもや病【もやもやびょう】

ウィリス動脈輪閉塞症,脳底部異常血管網症ともいい,厚生省難病指定疾患。脳底部の動脈に繊(線)維化を主体にする内膜肥厚が起こって重層化し,脳血管撮影でもやもやした異常な血管網が認められることから,この名がある。15歳以下の小児に発病する若年型と成人型があり,若年型が約半数を占める。内膜肥厚によって,血管内腔狭窄や閉塞が起こり,脳虚血発作が起こる。若年型の場合は,脱力発作,言語障害,意識障害,痙攣(けいれん)など。発作をくりかえすうち,脳梗塞や知能障害,麻痺(まひ)などの後遺症が起こることもある。成人型の多くは脳卒中発作で発症し,少数は若年型と同じく脳虚血発作が起こる。抗痙攣薬,抗凝固薬,脳循環改善薬などによる対症療法が中心で,最近は脳の血流を増やすことによって発作を予防するための手術が試みられるようになってきた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

もやもやびょう【もやもや病 cerebrovascular Moyamoya disease】

頭蓋内の内頸動脈終末部から前・中大脳動脈起始部(ウィリス動脈輪)が両側性に閉塞性病変を示し,代償的な側副血行路として脳底部に異常血管網が発達した病気。脳血管撮影上の所見で異常血管網の形態がもやもやとしているところからこの名があるが,ウィリス動脈輪閉塞症occlusive disease in circle of Willisとも呼ばれている。異常血管網の成因には先天性説と後天性説があるが,いまだ不明である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

もやもやびょう【もやもや病】

突然の頭痛・嘔吐・意識障害の発作が起こり、頭蓋内出血や脳梗塞の原因となる疾患。小児と三〇~四〇代の成人に多い。 X 線撮影を行うと、脳底部に煙のような異常な血管網が写るのでいう。大脳動脈輪閉塞症。脳底部異常血管網症。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

知恵蔵miniの解説

もやもや病

日本で発見・命名された進行性の脳血管閉塞症。別名ウィリス動脈輪閉塞症。頭蓋内の動脈(ウィリス動脈輪)が徐々に閉塞していく結果、その周辺に血流を補うため多数の血管が作られ、この部分が脳血管撮影検査によりもやもやと煙のように見えるためこの名がつけられた。難病情報センターによると、日本人に多発し、発症率は人口10万人に対し年間3~10.5人程度、男女比は1:2.5ほどで、難病に指定されている。遺伝関与が指摘されているが原因は不明で、5~10歳に特に多く発症し、次いで30~40歳に多い。症状は、無症状から継続的頭痛・失神・麻痺まで多様で、子供の場合麻痺や知能低下をきたすこともある。閉塞したウィリス動脈輪を開通させる有効な治療法はなく、不足している血流を補い虚血から来る症状を抑える手術(血行再建術)が広く行われている。

(2016-3-6)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

もやもや病の関連キーワード脳出血(脳溢血)脳脊髄血管異常くも膜下出血頭蓋内出血鈴木 二郎嘔吐

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android