コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィルコックス ウィルコックスWilcox, Ella

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィルコックス
Wilcox, Ella

[生]1850
[没]1919
アメリカの女流詩人。代表作『水滴』 Drops of Water (1872) など約 40冊の詩集がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウィルコックス【Stephen Wilcox】

1830‐93
アメリカの発明家,機械技術者。初め実用的な熱機関の分野で仕事をしていたが,1856年,D.M.スティルマンとともに傾斜管方式の水管式ボイラーの特許を取得した。その後,蒸気発生器の特許もとり,G.H.バブコックと共同で,のちに代表的な水管式ボイラーの一つになったバブコック=ウィルコックスボイラーを開発し,特許を得た。その後も改良を重ね,81年,バブコックと共同してバブコック・ウィルコックス社を設立し,このボイラーと蒸気機関の製造に従事した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィルコックス
うぃるこっくす
Stephen Wilcox
(1830―1893)

アメリカの機械技術者。最初スティルマンD. M. Stillmanと協同し、水の蒸発を能率的に行う新型の水管ボイラーを発明し、1856年に特許をとった。さらにボイラーの研究を続け、10年後にバブコックとともに水管を横型とした新型ボイラーの特許をとった。現在発電用のボイラーとして広く使用されている水管式ボイラーの一つであるバブコック‐ウィルコックスボイラーはその改良型である。1880年にアメリカ機械学会の終身会員に推薦され、1881年、バブコックとともにバブコック‐ウィルコックス会社を設立した。[中山秀太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ウィルコックスの関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))グリフィス逃亡奴隷法石英岩ビダー牧野省三テーラーゴールド・ラッシュ縮合デミル(Cecil Blount De Mille)

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウィルコックスの関連情報