コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィルコックス Wilcox, Ella

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィルコックス
Wilcox, Ella

[生]1850
[没]1919
アメリカの女流詩人。代表作『水滴』 Drops of Water (1872) など約 40冊の詩集がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ウィルコックス

米国の機械技術者。1856年D.M.スティルマンと共同で水管ボイラーの特許を得,1867年これを基礎にバブコックと共同してバブコック・ウィルコックス・ボイラーの特許をとり,1881年バブコック・ウィルコックス社を創立。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウィルコックス【Stephen Wilcox】

1830‐93
アメリカの発明家,機械技術者。初め実用的な熱機関の分野で仕事をしていたが,1856年,D.M.スティルマンとともに傾斜管方式の水管式ボイラーの特許を取得した。その後,蒸気発生器の特許もとり,G.H.バブコックと共同で,のちに代表的な水管式ボイラーの一つになったバブコック=ウィルコックスボイラーを開発し,特許を得た。その後も改良を重ね,81年,バブコックと共同してバブコック・ウィルコックス社を設立し,このボイラーと蒸気機関の製造に従事した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィルコックス
うぃるこっくす
Stephen Wilcox
(1830―1893)

アメリカの機械技術者。最初スティルマンD. M. Stillmanと協同し、水の蒸発を能率的に行う新型の水管ボイラーを発明し、1856年に特許をとった。さらにボイラーの研究を続け、10年後にバブコックとともに水管を横型とした新型ボイラーの特許をとった。現在発電用のボイラーとして広く使用されている水管式ボイラーの一つであるバブコック‐ウィルコックスボイラーはその改良型である。1880年にアメリカ機械学会の終身会員に推薦され、1881年、バブコックとともにバブコック‐ウィルコックス会社を設立した。[中山秀太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウィルコックスの関連キーワードバブコック(George Herman Babcock)エルム街の悪夢4/ザ・ドリームマスター 最後の反撃エルム街の悪夢5/ザ・ドリームチャイルドP & O汽船[会社]マイク スチュアートロバート フリップクランベリーイギリス映画原発メーカー禁断の惑星ハリウッドサバンナ号P&O汽船背広

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウィルコックスの関連情報