コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィングレット ウィングレット winglet

翻訳|winglet

2件 の用語解説(ウィングレットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィングレット
ウィングレット
winglet

大型ジェット機の主翼両端に垂直に立った小翼。翼端には翼端渦が生じ,誘導抗力を発生させ,翼の空力特性を悪化させる。この渦をさえぎるために翼端に立てた小さな板がウィングレットである。それによって誘導抗力を減少させることを翼端板効果と呼び,具体的には大型ジェット輸送機の航続距離が伸びるなど,飛行性能が向上する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィングレット
うぃんぐれっと
winglet

翼端小翼とよばれる。NASA(ナサ)(アメリカ航空宇宙局)のウィットカムRichard T. Whitcombの考案になるもので、飛行機の主翼の翼端に垂直またはほぼ垂直に取り付けた小翼である。翼端に発生する渦による誘導抗力を減少するとともに、この小翼上に生ずる揚力を推力の成分に振り向けて抗力の減少を図るもので、燃料節減に大きな効果が期待されている。たとえば、DC‐10にウィングレットを取り付けた場合、巡航マッハ数0.82で抗力減少は3.6%という大きな値が推算されている。従来も誘導抗力減少のため翼幅を伸ばしたり、翼端に生ずる渦の発生を抑制する目的で、翼端板や翼端燃料タンクを取り付けたが、構造の複雑化や重量の増大などが欠点とされていた。これに対してウィングレットは、構造強化による重量的な損失に対して、抵抗減少の効果がはるかに大きいので、今後の航空機には大幅に採用されるものと予想されている。[落合一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウィングレットの関連キーワード国産小型ジェット旅客機開発計画ジェット機ジェットラグバジェットガジェットエンジンジャンボジェットスロット翼青森空港ジェット機関3空港のすみ分け

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウィングレットの関連情報